ドM女の特徴を押さえて上手に付き合うための7つの方法

断捨離依存症が幸運を逃してしまう5つの理由

ドMな女性というとどのようなイメージが思い浮かびますか?

簡単に言うと、「自分より他人を優先させることに喜びを感じる人」ということになりますが、このドM女と付き合う時には気を付けるべきことがあります。

その付き合い方を知っていると、良かれと思ってしてあげたことがドM女には迷惑になっていたり、プレッシャーになっていたりということがなくなり、ドM女もあなたも快適に付き合うことができるのです。

そこで今回は、ドM女の特徴を押さえて上手に付き合うための方法を、その心理と併せてお伝えします。


ドM女の特徴を押さえて上手に付き合うための7つの方法


1 ほどほどに依存させてあげる


ドM女は「他人に依存する」という性格なので、付き合う時は少し主導権を取り、自分のやりたいことにつき合わせるくらいの強引さでリードしてあげるとよいですね。

全部一から自由にしていいよ、と言われるとドM女は困ってしまい、結局決められずに他人を頼ってくることでしょう。

ほどほどに、というところが注意点で、依存を完全に許してしまうと重くて仕方のない女になってしまいますから、こちらは少しSになったつもりで、できないことはできない、今日はここまで、というようにはっきり断る時には断りましょう。


2 ほどほどに尽くさせてあげる


ドM女は他人のために働くのが大好きで、他人のためなら少々の無理ができ、また無理をしている自分に酔うこともあります。

また、物を頼まれるということをドM女は「必要とされている」と受け取るので、非常に喜びやりがいを感じながら尽くしてくれます。

ですから、ちょっと悪いなと思うこともしてくれるのですが、これも注意点がありまして、ドM女は自分で自分の限界を知りませんから、どんどん引き受けてどんどん疲れて行ってしまいますので、ドM女の全体的な様子も見ながら頼むようにしましょう。

もう一つの注意点は、ドM女は物事を頼まれることが自分の存在許可となっているので、安易に別の人に頼んだりしてしまうと大変動揺しますので、ドM女だけに頼むのではなく他の人と同列に扱っていると日頃からそれとなく伝えておきましょう。


3 ちょっと上から目線でモノを言う


責められたり怒られたりするのも好きなドM女は、普段の会話でも少し上から目線で言われると、ついていきたくなり尽くしたくなります。

コツは、バカにした上から目線ではなく、ドジな後輩を「お前はドジだなぁ」と優しく受け入れつつも口は悪い先輩のような感じで是非演じてみましょう!

ドM女は対等な関係を望んでおらず、少し相手が上で、自分は下、というような関係を心地よいと感じるので、心がけてみてください。


4 たまに褒める


とはいえ、ずっと叱り通しだとさすがにドM女の心も折れそうになってきますが、たまに褒めるととても喜んでくれ、さらに相手のために頑張ってくれます。

ドM女は感謝を受け取ってしまうと、関係が対等になってしまったり、または怒られたり責められたりすることが減ってしまったりするので、なかなか感謝は受け取りませんが、普段怒られていてたまに褒められると、「ちゃんと自分のことを見ていてくれる」と嬉しくなってしまうのです。


5 必要だというメッセージを送る


ドM女はなぜ他人に尽くすのかと言いますと、自分が必要とされたいからなのですね。

ある意味、他人との付き合い方が非常に限定されてしまっていて、状況によってはしんどくなってきてしまいそうです。

ですから、「あなたが必要なのです」というメッセージを送り、尽くしてくれるから必要なのではなく、あなたの存在自体を必要としているのですよと是非伝えてあげてください。

ドM女はおそらく表面的には素直に受け取らないと予想されますが、心の中では喜ぶとともに安心し、よりお付き合いが良いものになりますよ。


6 怒られることは愛情表現の一環


怒られるのは嫌なものですが、ドM女にとっては怒られることも責められることも「自分に興味を持ってもらっている」「自分と関わりを持ってくれている」という愛情表現の一つとして受け取ります。

ですから、怒っても怒っても怒られることをしでかしてしまうことも多く、それはこちらのストレスになりますので、なぜ怒っていて、今後どのような考え方でどう改善してほしいかということは具体的に伝えましょう。


7 愛されていないと知ると怒り狂うので注意する


さて、ここまではドM女のかわいらしい一面をご紹介してきましたが、最も注意しなければならないのが 態度が豹変することがあるということです。

ドM女は知らないうちに怒りや不満をため込んでおり、それがあるきっかけで爆発することがあるのですね。

そのきっかけは「愛されていないと知った時」ですが、ただ利用されていた、他にも同じような人がいた、というように、自身の存在意義を脅かされそうになる時に怒り出し、とてもしつこくネチネチと攻撃してきます。

ドM女からしてみれば、「裏切られた!」と普段溜めていた怒りも同時に出てくるので、爆発されたほうはその怒りの大きさに驚いてしまうのです!

これを避けるためには、ドM女はほどほどに距離を置いて付き合うことで、自分に傾倒しているなと思ったらそっと距離を取ることしかありません。

なにしろ依存してしまう性格ですから、そのままにしておくとドM女の世界にはあなたしかいない、くらいのドM女とあなたの関係になってしまいます。

自分もドM女の便利さにのめり込むことなく、お互いに大人としてほどほどの距離を保ちましょうね。


ドM女の特徴と上手な付き合い方についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

他人に依存し尽くすことが自分の喜びである、というのはとても良いことのように思えるのですが、知らない間に自分を後回しにしていまい、疲弊し、自分は満たされないので不満が少しずつたまっていきます。

そして自分への愛が疑われた瞬間にその不満が爆発して大きな怒りになることがあるので、普段からほどほどの距離を持って付き合うようにしましょうね。

ドM女の特徴を知り上手にお付き合いをして、過度の依存を避けお互いに大人として自立し、幸せになりましょう!

まとめ

ドM女の特徴を押さえて上手に付き合うための7つの方法

1 ほどほどに依存させてあげる
2 ほどほどに尽くさせてあげる
3 ちょっと上から目線でモノを言う
4 たまに褒める
5 必要だというメッセージを送る
6 怒られることは愛情表現の一環と捉えていると知る
7 愛されていないと知ると怒り狂うので注意する


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal