昇進運に見放されつつある人の7つのダメな特徴

昇進運に見放されつつある人の7つのダメな特徴

同じように仕事をしているはずなのに、あの人は順調に昇進していて、かたやこの人はなぜ足踏みをしているのか、不思議に思ったことはありませんか?

実は仕事をする上で、昇進運に見放されてしまうNG行動・NG思考があるのです!

昇進運に見放されてしまうNG行動・NG思考を知っていれば、昇進しそうな男性もわかりますし、自分が仕事をする上でもとても参考になるので知りたいですよね?

そこで今回は、昇進運に見放されつつある人のダメな特徴を改善点を交えてお伝えします。


昇進運に見放されつつある人の7つのダメな特徴


1 自分だけが忙しいと思い込んでいる


昇進運に見放されつつある人は、周囲は楽ばかりしていて自分にそのしわ寄せがきていると本気で思っています。

ですから、文句も多いですし周囲やお客様に感謝もできませんが、感謝ができない人からは良い運気も逃げていきます。

その代わり、文句ばかり言っているとその文句の波動に見合うようなトラブルや厄介な仕事、面倒なお客様に囲まれることになり、当然仕事量の割には業績が上がらないので、昇進することが遠ざかり、昇進運に見放されることになるのです。

こうならないためには、自分が周囲にしてあげていることばかりではなく、周囲から自分にしてもらっていることにも意識を向け感謝することから始めましょう。


2 何事も否定的にしか考えることができない


昇進運に見放されつつある人は文句が多いのもそうですが、何事に対しても否定的しかとらえることができず、建設的に考えることもしようとしません。

自分に起こることを否定的に捉えるということは、「自分は否定的なことばかりが起きる人」という思い込みがあり、それに沿って現実の出来事を解釈しようとしている証拠なのですね。

ですから、自分を否定的に捉えているので昇進という喜ばしいことが自分に起こるわけもなく、いつも「昇進できずに同期に置いていかれる自分」を現実に見ることになります。

こういう時は「この出来事にはどういう意味があるのだろう?もしもこの出来事で成長できるとしたらどういう点だろう?」と視点を変えて考えてみると、建設的な思考をすることができ、自己否定から抜けることができますよ。


3 視野が狭い


昇進運に見放されつつある人は、否定的にしかとらえることができないことにも繋がっていますが、視野が狭く思い込みを持ちやすいという特徴があります。

解決策が1つしか浮かばない、もしくは解決は無理!と決めてかかってしまうと、自分の降りかかる困難は途方もなく大きいものに見えてしまい、困難を乗り越えようとすること、つまり成長の機会を諦めてしまいます。

視野が狭い人は、同じ出来事についていろんな人の意見や考え方を聞き、本当に様々な意見があることを実感してみましょう。


4 前例がないことをすることができない


視野が狭い、思い込みが強いことと関連していますが、昇進運に見放されつつある人は新しいチャレンジがとても苦手です。

一方で、昇進していく人は前例のないことにもチャレンジする勇気を持っていますから、失敗もしますが成功もして、その過程を評価されて昇進しているのです。

昇進運に見放されつつある人は前例がないことをすることが大変苦手なのですが、周囲の助けを借りながらチャレンジすると、本当に様々な自分にプラスの学びがありますし、人間的にも一回り大きくなることができますよ。


5 方法ばかりを考えている


昇進運に見放されつつある人は目的を見失いがちで、方法ばかりを考えており、しかも「○○はダメだから」「××は都合が悪いらしい」と消去法で考えてしまっています。

こうならないためには「それをやりたいのかやりたくないのか」を自分の心にしっかりと聞き、やりたいのならばどうしてやりたいのかという目的をはっきりさせるのが一番大事なことです。

方法は後からついてくることであり、目的が揺らぐと方法も揺らいでしまいますから、目的をしっかりさせることを意識してくださいね。


6 お金ばかりを考えている


方法ばかり考えてしまう昇進運に見放されつつある人は、やらない言い訳にお金のことを良く言います。

・お金がないからできない
・お金が貯まったらしようと思う
・お金が無くなるのが不安でできない

これらの言い訳は思考が停止している証拠であり、「ではその状態からどうしようと考えているのか」という点が抜け落ちています。

こうならないためには、やりたいことの目的をはっきりさせると同時に、お金を掛けなくてもできる方法を探したり、お金を掛けるとしても具体的に掛けられるお金はいくらくらいなのを考えたりして可能性を探りましょう。


7 自己投資をしていない


昇進運に見放されつつある人は自分が成長するための自己投資をしていません。

お金を掛けるだけが自己投資ではありませんが、健康を維持するための運動や健診をしていなかったり、自分のやりたいことや仕事に繋がる勉強をしていなかったり、忙しさにかまけてしっかり休養を取っていなかったり、自分の周囲の人たちが幸せに暮らせるように心を傾けていなかったりと様々な面で自分を大事にしていません。

自己投資は自分を大事にする行動ですから、自己投資をしていない人は自分を大事にしていないので、自分を大事にできないようなことが引き寄せられてきてしまいます。

こうならないためには、何か小さい一つでもよいので、自分が成長できそうな何かを始めてみましょう。


昇進運に見放されつつある人の特徴をお伝えしましたがいかがでしたか?

昇進運に見放されつつある人の根本にあるのは「自分が幸せになれるはずがない」という強い思い込みで、それがベースになっていて、自己否定や自分だけが割を食っているという思い込み、感謝ができないことに繋がっています。

こうならないためには、「自分は幸せになれる」と願いを決めるとその願いの通りに現実を受け取れるようになりますから、感謝もできますし、建設的な思考をすることができます。

そうすると、感謝や建設的な考え方の波動に見合った出来事が引き寄せられてくるので、結果的に仕事も楽しくなり業績も上がるのですよ。

昇進運に見放されつつある人の特徴を反面教師にして、思ったように昇進して幸せな生活を送っちゃいましょう

まとめ

昇進運に見放されつつある人の7つのダメな特徴

1 自分だけが忙しいと思い込んでいる
2 何事も否定的にしか考えることができない
3 視野が狭い
4 前例がないことをすることができない
5 方法ばかりを考えている
6 お金ばかりを考えている
7 自己投資をしていない


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal