別居した彼と復縁するための5ステップ

別居した彼と復縁するための5ステップ

同棲解消した彼と復縁してまた一緒に暮らしたい、、、別居してしばらく経つと、恋人との幸せな生活が恋しくなってきますよね。

別居した彼と復縁するのは、同棲したことのない彼と復縁するよりも、ハードルが高いことをご存知でしたでしょうか?

しかし、別居に至った原因を突き止め、彼への感情を整理し、自分に非があればそれを改善する努力をして計画的にアプローチすることで、別居した彼と復縁することも夢ではないのです。

そこで今回は、別居した彼との復縁成就に欠かせない準備と、効果的なアプローチ法についてお伝えします。


別居した彼と復縁するための5ステップ


1 別居の本当の原因を探る


恋人との別居を決断をするまでに、色々なことがあったはずですよね。

喧嘩しても仲直りができていた時期もあったのに、今回は別居することになった理由は何でしょうか?

浮気のような決定的なことがなくても、普段の相手の何気ない言動に対する不満が積み重なり、日頃の我慢が限界に達し、ある日突然、恋人から別居したいと言われることもあります。

一方、どちらかの浮気が発覚したなど、別居の理由がはっきりしている場合でも、浮気の背景にはお互いへの不満があるはずです。

どちらのケースでも、別居から復縁するためには、具体的にどのような言動が相手を傷つけていたのか、相手の負担になっていたのかに気づくことが不可欠です。

まずは、これからお伝えする方法を参考にして、二人の関係を整理し、別居の原因について客観的に分析してみましょう。


2 印象的な出来事やその時の気持ちを振り返る


素直な気持ちになって二人の関係を振り返ってみると、これまで見逃していた、見ないようにしてきたことに気づくものです。

しかし、ただ出来事を順に思い出すだけではなく、さらに一歩踏み込んで、ご自身と彼氏のその時の感情に着目してみるプロセスを経て、ようやく別居の本当の原因が分かるのです。

そこで、別居の本当の原因に気づくために不可欠な、二人の関係の整理・分析の方法についてお伝えします。

別居の本当の原因が分かる!二人の関係の整理・分析法

①同棲を始めてからの、印象的な出来事や会話などを思い出します。
②その時のあなたの行動、気持ちを思い出します。
③彼の行動や表情などから、彼氏がどんな気持ちだったかを推測します。

喧嘩したことや悲しかったことなどネガティブな出来事だけではなく、幸せや充実感を感じた出来事なども、時系列に沿って思い出していきます。

別居した直後は思い出すのもつらいかもしれませんが、できるだけ詳細に思い出すことによって、あなたや彼の本心に気づくことができますよ。

自分のことだけではなく、相手の感情の変化にも目を向けることで復縁の可能性がアップしますし、たとえ復縁できなくても、あなたの成長につながるでしょう。


3 自分磨きで別居の原因を改善する


別居に至った原因やお互いが別居を決意した理由が分かったら、復縁のために具体的な行動を起こさなければなりません。

別居の原因があなたにある場合は、彼氏が不満を募らせていたあなたの性格や言動を直す必要があります。

自分の至らない所を意識して改善し、自分磨きをしてより魅力的な女性に生まれ変わることを目標に、自分自身のあらゆる点について徹底的に見直し改善していきます。

一方で、別居の主な原因が彼の浮気や性格である場合には、本当に復縁したいのか、もう一度自分に問いかけてみることが大切です。

復縁したいと思っても、誰もが自分にも非があったことを認めるとは限りませんし、相手が恋人にありのままを受け入れて欲しいとあなたに甘えている場合は、特に注意が必要です。

同棲していたということは、年齢にもよりますが、結婚を意識した交際をしていたということですから、復縁した流れで結婚ということも十分にありえます。

そのため、結婚に不安を感じる、相手を受け入れる自信がないという場合は、復縁自体を考え直した方が良いでしょう。


4 冷却期間をおいてから相手に連絡する


復縁を成功させるために大切なのは、相手に一切連絡を取らない期間、いわゆる冷却期間をおくことです。

別居からの復縁には、3カ月から半年程度の冷却期間が必要です。

特に別居の原因があなたにある場合は、別居直後の彼のあなたに対する印象は最悪になっているため、あなたがどんなアプローチをしても、あなたに対する印象はもっと悪くなってしまいますよ。

別居の原因が相手にある場合は、あなたから連絡すればすぐにでも復縁できるかもしれませんが、相手は反省していないため、高確率で同じ過ちを繰り返す可能性があります。

そのため、自分自身を振り返るだけではなく、相手を反省させ態度を改めさせるためにも、一定の冷却期間は必要です。

復縁失敗を避けるためにも、焦らずに落ち着いて、自分のすべきことに全力を注ぎましょう。


5 冷却期間後の効果的な連絡の仕方


別居開始から3カ月から半年程度経つと、殆どの方は相手へのネガティブな感情が和らぎ、同棲中の良い思い出が蘇ってきて、寂しさを感じ始めるものです。

そのタイミングで、まずはメールやLINEで気軽にメッセージを送ってみます。

復縁したい気持ちを抑え、「久しぶり、元気?」のような、返信しやすい、当たり障りのない内容にするのがポイントです。

「同棲中に使っていた家具が不要であれば譲って欲しい」「忘れ物を取りに行っても良いか」など、同棲中の荷物に関する話題もおすすめです。

気軽なメッセージのやり取りをきっかけにして、実際に会う機会を作ることができれば、生まれ変わった自分をアピールできますから、復縁成就がぐっと近づきますよ。

メッセージを送ってもあまり良い反応が見られない時は、気長に待つことが大切です。

しばらく時間を置いてから再度連絡してみる、共通の友人から彼の様子を聞いて適切なタイミングで連絡するなど、時間をかけてアプローチしていきましょう。


別居した彼と復縁するための方法について、準備から連絡の仕方まで、具体的にお伝えしましたが、いかがでしたか?

別居の原因に関わらず、一定の冷却期間を置いて、相手の気持ちにも配慮しながらじっくりアプローチしていくのが、復縁成就の可能性をアップさせるポイントです。

ありのままの自分をもう一度好きになってもらうのではなく、自分磨きをして魅力的に生まれ変わった自分を好きになってもらうことが大切です。

また、相手に不信感を持っていると、それが相手にも伝わり、相手との関係改善の障害になります。

今回お伝えした復縁ステップを実践して、お互いへの信頼を土台に新たな関係を築いていきましょう。

まとめ

別居した彼と復縁するための5ステップ

1 まず別居の原因を探ることからスタート
2 別居の原因は同棲生活の中にある
3 自分磨きで別居の原因を取り除く
4 短くても3カ月の冷却期間を置いて連絡する
5 最初の連絡はメールが基本


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal