片思いが成就しない女子に見られる7つの残念な特徴と行動

片思いが成就しない女子に見られる7つの残念な特徴と行動

あの人いいなあ、と思って気づいたら好きになっていて片思い、そして告白したら振られてしまったりお付き合いできることになったりします。

しかし、片思いばかりしていて、なぜか彼氏ができたことのない女子が周りにいませんか?

どうして片思いが成就しないのか、興味がありますよね。

実は、片思いが成就しない女子は意中の人とのコミュニケーションの取り方やセルフイメージについてちょっと改善すべき点があるからなのです。

そこで今回は、片思いが成就しない女子にありがちな、残念な特徴と行動を具体例を交えながらお伝えします。


片思いが成就しない女子に見られる7つの残念な特徴と行動


1 早くカップルになりたいがために誘いが強引


片思いが成就しない女子は、アプローチをしないから発展しないのだ、と思いがちですが、実はアプローチが強引過ぎて相手に引かれてしまっているという原因があることもあります。

例えば、ご飯に誘ってみたときに、片思いが成就しない女子は一刻も早く返事が欲しいために、相手からしてみたら畳みかけるような言い方や連絡の取り方をしてしまっていることがあります。

そうすると、その女子の魅力以前に「押しが強くて面倒くさそうだ」と思われてしまい、片思いが成就しないのですね。

このような時は、相手にもペースがあることを理解して、返事を待ちながらもその間は自分で楽しめることを楽しみ、重い雰囲気を醸し出さないようにしましょうね。


2 自分の思い通りの反応がない場合に待つことができない


意中に人に誘いをかけてみた時に、「考えておくよ」「また今度ね」という煮え切らない返事をされると、片思いが成就しない女子はとても焦ってしまいます。

もちろん「いいね、行こうよ」という即決のOKをもらいたいという気持ちがあるのは当然なのですが、相手にしてみると少し急な感じがしているのかもしれません。

このような時はそもそもアプローチをかける前に、人間関係ができていない可能性が高いので、まずは知り合いになり、お互いをゆっくりと知っていくことが必要ですね。

いきなり遊びに行こうと誘うのではなく、職場や学校など、相手といつも会う場所での親睦を深めていくと自然と仲良くなれるし、その段階で誘えば応じてくれる可能性もアップしますよ。


3 相手に好きになってほしいばかりに翻弄するような態度をとる


いわゆる「恋の駆け引き」が必要だと思ってやってしまっていると、相手は「この人は自分のことをどう思っているのだろう」と疲れてしまいます。

本当は好きなのに、好きになってほしいがためにそっけない態度を取ったり、ひねくれた対応をしたりする人を「かわいい」とはなかなか思えませんよね。

駆け引きでなくて、自然とそういう態度になってしまう、という人も素直に「好きです」という態度で相手と接するように心がけてみましょう。

心の底に「相手に媚びたくない」という思いがあるかもしれませんが、素直に「好きです」という気持ちを表すことは媚びではありませんよ。


4 自分には何の魅力もないと探して磨く努力すらしない


「ありのままの私を好きになってほしいから」という言い訳をして、敢えてメイクもせず、服装にも気を遣わず、がさつに振舞うタイプの片思いが成就しない女子がいます。

このタイプの片思いが成就しない女子は「女らしさ」を拒絶していることもあり、女らしく振舞うと男性に負けた気がして一人で何かに張り合っていることもあります。

ありのままとは「だらしなくてOK」という意味ではなく、「自分が興味を持つもの、好み、叶えたい夢などは自分が思うまま」という意味ですが、「だらしなくてOK」と勘違いしている女子は「自分が興味を持つもの、好み、叶えたい夢」がはっきりしていないので、ありのままを勘違いしてしまうのですね。

ですから、このタイプの女子は、「自分が興味を持つもの、好み、叶えたい夢」をはっきりさせて、それに向かって行動を始めましょう。

自分の夢に向かって生きる姿勢が「ありのままの私」という意味なのですよ。



5 彼氏が欲しいのか、この人とカップルになりたいのかがわからない


クリスマスやバレンタイン、自分の誕生日などの前に片思いをしてしまう人は、その相手と関係性を深めたいというよりは、「カップルごっこ」をしたいだけというタイプです。

このタイプの片思いが成就しない女子は、年間のイベントでちやほやされることがお付き合いだと勘違いしている節すらありますが、お付き合いしている間は何でもない日常のほうが圧倒的に多く、その間に愛を育むということに思いが至りません。

お付き合いは派手なことばかりではなく、なんでもない日常に心を通わせることの積み重ねがイベントの幸せそうな雰囲気に現れることを理解して、本当にその相手と両想いになりたいのかを考えて、少し片思いをお休みしてみましょう。


6 見栄から相手を選んでいる


片思いが成就しない女子は、成就しなさそうなそうな相手ばかりを選んでいることもありますが、それは「皆からうらやましがられる彼氏が欲しい」という見栄からのものです。

本当の意味でその人とカップルになりたいわけではないので、そもそも選ぶ人から間違っているのです。

お付き合いをするのは、双方が成長するために必要としていることですが、それは、精神的成長や人間関係の取り方を磨くこと、コミュニケーションスキルが上がることが相手と誠心誠意付き合うと結果的に得られるからなのですね。

ですから、お付き合いをする上で重要なのは「自分と相手の関係」だけで、そこに「他人の目」「他人の評価」は全く必要ありません。

本当に心惹かれた人にアプローチしましょう。

そこから両想い、そして二人で引き寄せる幸せが始まりますよ。


7 両想いになれそうにない相手を無意識に選んでしまっている


好きになる人はなぜか既婚者であったり、彼女がいたりする、というパターンを繰り返す片思いが成就しない女子のタイプです。

このタイプは、「自分が幸せになること」「自分が簡単に幸せになること」について自分に許可を出せていません。

ですから、結ばれそうもない既婚者や彼女持ち、苦労したら結ばれそうな既婚者や彼女持ちの男性ばかりを好きになってしまうのです。

このようなタイプの人は、まず自分が幸せになることを許可していないということに気づくとともに、片思い以外のところでもそのようなことがないか探してみましょう。

なぜかいつも損な役回りが回ってきて引き受けてしまうというようなことがありませんか。

それに気が付いたら、次は断ると決めて、是非断りましょう。

それが自分は幸せになってもいいという許可を少しずつ下ろせていることなので、自分を大事にしていると両想いになれそうな人が現れますよ。


片思いが成就しない女子に見られる残念な特徴と行動について、お伝えしましたがいかがでしたか?

片思いは誰しも経験があるものですが、片思いばかりしている状態はやはり何か改善すべき点が女子のほうにある可能性が高いです。

最も避けたいことは、「彼氏がいない自分は劣っている」という劣等感を持ってしまうことですが、彼氏の有無と人間としての価値や女性としての価値は全く関係がないことを覚えておきましょう。

彼氏がいないと生きていけない、という女性は男性にとっては重たいので、自分一人でも自分の人生を謳歌しているくらいの女性になると、そのプラスの波動に相応しい男性からアプローチを受けますよ。

まとめ

片思いが成就しない女子に見られる7つの残念な特徴と行動

1 相手のペースも思いやりながらアプローチする
2 相手の意志を尊重してゆっくりと関係を深める
3 相手に素直に「好きです」というかわいらしい態度をとる
4 自分の夢や好み、魅力を発掘して行動する。
5 彼氏が欲しいだけなら少し片思いを辞めてみる
6 他人の目を気にしないで本当に自分が気になる人を選ぶ
7 自分が幸せになることを心から許可する


あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの星座や生年月日などの情報から導き出される『恋を叶える魔法の占星術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

自分の運命が気になるなら、是非お試しを!

今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal