もはや常識!ボタンダウンシャツ着こなし術5つ

もはや常識!ボタンダウンシャツ着こなし術5つ

襟を留める小さなボタンが特徴のボタンダウンシャツ、ビジネスシーンでも取り入れる方が多くなってきていますが、着こなし方についてはご存知でしょうか?

「特に着こなしを気にしたことはない」「普通のワイシャツと同じように着ている」という方も多いのではないでしょうか。

実は、ボタンダウンシャツはスポーツ用のシャツをルーツとしたカジュアルなシャツなので、着こなし方やTPOによっては相手に失礼になってしまうことも、、

フォーマルになりすぎないカジュアル感が魅力のボタンダウンシャツ、せっかくならカッコよく着こなしたいですよね。

そこで今回は、ボタンダウンシャツ着こなし術5つについてご紹介します!


もはや常識!ボタンダウンシャツ着こなし術5つ


1 ボタンダウンシャツの選び方


ボタンダウンシャツに限らず、シャツを選ぶときはどれも同じように見えてしまうことがありますよね。

しかし、ちょっとしたコツに気をつけるだけで、ご自分に本当に似合うシャツを選ぶことができるのです。

そこでボタンダウンシャツの選び方についてご紹介します!

ボタンダウンシャツの選び方

・色
ご自分に本当に似合う色、ご存知でしょうか。
好きな色と似合う色が異なることもあるので、必ず試着をして顔色が明るく見える色、すらっとして見える色を選ぶようにしましょう。

・柄
ボタンダウンシャツには無地のものと柄が入ったもの両方がありますが、柄が入るとよりカジュアルな印象になります。
ストライプや無地はビジネスシーンでもOKですが、チェック柄やボーダーはNGである場合が多いです。
ご自分が着用したいシーンに合わせてシャツの柄を選ぶようにしましょう。

・デザイン
一見同じように見えるシャツでも、腕の長さや肩周りと首周りの余裕、ウエストの絞りなどデザインに大きな違いがあります。
試着をして、苦しさを感じないもの、姿勢やスタイルが良く見えるものを選びましょう。

・生地
ボタンダウンシャツの基本はコットン生地ですが、デニム生地やブロードなど、様々な生地のボタンダウンシャツがあります。
着用したいシーンや好みの肌触りに合わせて選ぶようにしましょう。

色やデザイン、生地に気をつけることでご自分に似合うボタンダウンシャツを選ぶことができます。

ぜひ、ボタンダウンシャツを選ぶ際にはご紹介した選び方を参考にしてみてくださいね!


2 ボタンダウンシャツの基本の着こなし方


ボタンダウンシャツはカジュアルなシャツなので、普段のワイシャツと同じような着こなしでは浮いてしまうことも、、

そこで、ボタンダウンシャツの基本の着こなし方についてご紹介します!

ボタンダウンシャツの基本の着こなし方

・ネクタイはせず、ボタンを一つ開けるのがスタンダード
ボタンダウンシャツの襟はボタンを一つ開けたときに綺麗に立つことが特徴なので、ネクタイはしないほうが襟のラインが際立ちます。

・ジャケットやPコートなど、きれい目なアイテムと相性が良い
ボタンダウンシャツは襟がポイントなので、襟を際立たせるきれい目なアイテムと合わせるとすっきりとして見えます。

・キャップやハーフパンツなど、カジュアルすぎるアイテムとは相性が悪い
カジュアルなアイテムは活動的な印象を与えるので、ボタンダウンシャツのきっちりとした印象には合いません。

ボタンダウンシャツを着こなす場合には、フォーマルを少し崩した感じを心がけると上手くいきます。ぜひ、基本の着こなし方を身につけて、ボタンダウンシャツをおしゃれに取り入れましょう!


3 ボタンダウンシャツをスーツに取り入れる


ボタンダウンシャツはカジュアルなシャツですが、ビジネスの場面で取り入れる方も増えてきています。

そこで、ボタンダウンシャツとスーツの合わせ方についてご紹介します!

ボタンダウンシャツとスーツの合わせ方

・柄は無地かストライプ
ビジネスシーンではチェック柄やボーダーは派手すぎる印象を与えてしまうので、無地や細いストライプの柄のものを選びましょう。

・デザインはぴったり目のものを
ゆったりしたデザインのシャツはだらしない印象を与えてしまうため、ビジネスシーンには適しません。

・生地はブロードが基本、コットンはNG
生地は一般的なスーツ用のシャツと同じブロードがオススメです。一方コットンはカジュアルすぎる印象を与えてしまうのでNGです。

・ノーネクタイが基本
ボタンダウンシャツにネクタイをしてしまうと首周りが詰まりすぎているように見えてしまうため、基本的にはノーネクタイでの着用がオススメです。

スーツにボタンダウンシャツを合わせる際には、ビジネスに欠かせない清潔感を損なわないように注意する必要があります。

仕事の際のドレスコードは職場によって異なるので、ご自分の職場に応じてボタンダウンシャツを取り入れてみてくださいね!


4 ボタンダウンシャツを私服に取り入れる


ボタンダウンシャツは、私服に取り入れるとカジュアルすぎない清潔感を演出してくれます。

そこで、ボタンダウンシャツの私服への取り入れ方をご紹介します!

ボタンダウンシャツの私服への取り入れ方

・色や柄はお好きなものでOK
私服の場合はスーツと合わせるときのような制限はないので、色や柄はご自分に似合うものを選びましょう。

・デザインもお好きなものを
ぴったりしたデザインのものはよりフォーマルな印象、ゆったりしたデザインのものはよりカジュアルな印象を与えます。
着用する場面に合わせてお好きなものを選びましょう。

・コットン生地がおすすめ
コットン生地は肌触りもよく、「スーツっぽい」印象を与えないので私服として着用するのにオススメです。

・暑い時期はボタンを全て開け羽織として着てもOK
ボタンダウンシャツはボタンを全て閉めてシャツとして着るだけでなく、タンクトップやTシャツの羽織としても活用することができます。

ボタンダウンシャツを私服として取り入れる際には、ご自分のなりたいイメージに合わせて柄やデザインを選ぶ必要があります。

1つ持っているだけで暑い時期にも寒い時期にも使えるので、ぜひ私服にもボタンダウンシャツを取り入れてみてくださいね!


5 ボタンダウンシャツがNGな場面とは


ボタンダウンシャツはある程度フォーマルな場面にも活用できますが、フォーマルを少し崩したものであるため、TPOによってはふさわしくない場面も出てきます。

そこで、ボタンダウンシャツがNGな場面についてご紹介します!

ボタンダウンシャツがNGな場面

・冠婚葬祭
・就活や面接
・フォーマルなパーティー
・目上の方との商談
・営業
・タキシードなどの正装に合わせること

ボタンダウンシャツは、重要なビジネスの場面やマナーが問われる場面には適さないシャツです。

ボタンダウンシャツを着こなす場合には、TPOにも注意してみてくださいね!


さて、『もはや常識!ボタンダウンシャツ着こなし術5つ』はいかがでしたか?

ボタンダウンシャツを着こなすには色や柄、デザインなどをTPOに応じて判断しなければならないとわかりますよね。

今回ご紹介した5つの着こなし術を実践するだけで、ボタンダウンシャツをおしゃれに着こなすことができるだけでなく、フォーマルな場面でも失礼になることなくボタンダウンシャツを取り入れることができます。

ぜひボタンダウンシャツを着こなして、清潔感とほどよいカジュアル感を手に入れましょう!

まとめ

もはや常識!ボタンダウンシャツ着こなし術5つ

1 ボタンダウンシャツの選び方
2 ボタンダウンシャツの基本の着こなし方
3 ボタンダウンシャツをスーツに取り入れる
4 ボタンダウンシャツを私服に取り入れる
5 ボタンダウンシャツがNGな場面とは


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal