アラフォー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴

アラフォー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴

アラフォー婚活は男女ともなかなか上手くいかないとされていますが、その原因は男性と女性で大きく異なることをご存知でしたか?

どちらも「アラフォー」が婚活市場では大きなハンデになることを理解していないことが原因なのは一致しています。

女性はアラフォーでも見た目や考え方などは若く保っている女性が、20代女性と張り合い「若さ」という同じ土俵で戦おうとするのが婚活で苦戦する原因ですが、では男性ではどのような残念な特徴があるのか知りたくありませんか?

その特徴に隠れた心理を理解すると、男性を見極める際に参考になる事請け合いです。

そこで今回は、アラフォー婚活が上手くいかない男性の残念な特徴について具体例を交えながらお伝えします。


アラフォー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴


1 若い女性を求めすぎる


子供を授かりたいという希望があるアラフォー男性は、相手の年齢条件に20代女性などと平気で言ってしまいますが、20代女性は20代男性を求めているのでそもそもアラフォー男性が結婚相手の対象にならないのですね。

そもそも男性は若い女性が好きですから、どうせ結婚するなら若い女性と、と思って20代女性と希望してしまいますが、当の20代女性は、子供が生まれたときの男性の年齢から子供が成人したときの自分たちの経済状況までしっかり予測しています。

成人したときに主人が仕事を定年しているかもしれない恐れのあるアラフォー男性をわざわざ選びません。

そしてこれは、20代女性でも30代女性でも40代女性でも同じことを考えているので、アラフォー男性は女性のシビアな目線をしっかり認識すべきなのです。


2 自分の親の面倒を見てもらおうという魂胆が見え見え


アラフォー男性の両親は還暦を過ぎていたり、70代であったりして、人によっては病院通いが増えたり日常生活に少しずつ補助が必要になってくる年代です。

アラフォー男性は親を助けてやりたいとは思いますが、その方法として結婚して嫁に面倒見てらえばいい!と安易に思いつき行動してしまう人もいるのです。

しかもそれに何ら罪悪感も持たず、「嫁なのだから旦那の親の面倒を見るのは当然」と得意げに話してしまったりもして、女性の不評を買っていることに気付きませんし、結婚相手候補からどんどん外されていってしまうのです。


3 自分の生活を変える気持ちが全くない


アラフォー男性はそこまで独身ですから、すでに仕事のスタイルを含めたライフスタイルが確立していますが、これを結婚しても全く変える気がないな、と思われると婚活で苦戦します。

婚活市場にいる女性は、これから訪れるであろう結婚出産育児で自分のライフスタイルが激変することを大変だろうなと思いつつ理解し受け入れていますので、男性側にも同じことを求めています。

しかしすでにライフスタイルが確立したアラフォー男性はそこまでの想像力がない場合、結婚しても自分の生活を変える必要がない、変えるつもりがない、と態度に表してしまうのですね。

女性はそんなライフスタイルを尊重したいわけではないので、結婚相手候補から静かにアラフォー男性を外していくのです。


4 高収入を鼻にかけている


アラフォーともなると、仕事でもある一定の収入を得られるようになっている人も多く、高収入のアラフォー男性は「高収入だから大丈夫」と安心していることもあります。

しかし、婚活市場の女性が見ているのは、高収入であることではなくて、

・真面目に働いているか(勤続年数)
・金遣いが荒くないか
・貯金があるか

という点なのですね。

銀行みたいですが、銀行よりシビアな目かもしれません。

女性は自分が出産した場合、世帯収入が減ることを知っていますし、場合によっては出産を機に仕事を辞めるかもしれないとも思っています。

そういう時に、いくら男性が高収入でもそれが一時的なものであったり、全部使ってしまって貯金がなかったりすると、「生活能力なし」の烙印を押して結婚相手候補から削除してしまうのですよ。


5 子供はいつかできると思っている


不妊と言えば女性側に問題があると勘違いしていませんか?

WHO(世界保健機関)の発表では、不妊症原因のうち、女性のみは41%、男性のみは24%、男女ともは24%、原因不明が11%となっていますが、これを見ると男性側に原因があるものは48%で不妊症の約半数になることがわかります。

しかしこれを理解している男性は多くないのではないでしょうか。

婚活をしている女性の目標の一つに子供を授かる、がありますので、結婚したらすぐにでも妊活をしたいと望む女性もおり、そのような女性は結婚の条件として、妊娠を妨げる要因がないかどうかを診察するブライダルチェックを要望したりもします。

もしもそのような女性に「ブライダルチェックを受けてほしい」と言われたときに、「そんなものを受けなくても子供はできる」などと答えてしまったら、子供を真剣に授かる気がない、女性の気持ちを尊重してくれない、と取られてしまいます。

妊娠は女性だけでするものではありませんから、共に考え行動する姿勢を示しましょう。


6 ナルシストである


女性は見た目にうるさいから…と見た目を整えることばかりに躍起になっていると、ナルシストと取られて敬遠されてしまいます。

確かに女性は見た目に対して辛辣な意見をすることもありますが、女性のすごいところは、場合によって見た目の重要度が変わるところなのです。

彼氏はイケメンがいいけれど、結婚相手は清潔なら見た目は気にならないというように、一番大事なことは女性を大事にしてくれるか、生活は安定しているか、ということをわかっているのです。

ですから、自分大好きナルシストは安定した幸せな夫婦生活を送れるのだろうかと婚活女子は敬遠してしまうので、こざっぱりした生活感のある格好を心がけましょう。


7 お金・時間の使い方が荒い


そもそも、女性は男性の趣味はお金がかかると思い込んでいますし、それに加えてネットゲーム・ギャンブルなどは時間をすべてそこにつぎ込むとも思っています。

結婚してもその趣味をやめてくれるという保証はないので、金遣いの荒さをいろいろな方法でさりげなくチェックしますし、休日に何をしているのかという時間の使い方についても質問してチェックします。

婚活女子が望んでいるのは「ほどほどの趣味」であり、結婚生活に影響を与えないくらいでやってほしいと思っています。

結婚して辞めるかどうかわからない趣味を持っているアラフォー男性よりも、家族にお金と時間を使ってくれそうな男性に婚活女子の興味は向くのです。


アラフォー婚活が上手くいかない男性の残念な特徴をお伝えしましたが、いかがでしたか?

女性の目は大変シビアで、また感覚的に優れているので「介護要員になりそうな気がする」「家庭にお金を回してくれなさそう」「休みの日ネットゲームばっかなの?」という理由でいとも簡単に結婚相手候補から外していきます。

また、婚活に苦戦している男性側は、女性のそのような目線を知らなすぎたり、結婚出産育児という出来事に対して女性側がどれほど大きな決意を持っているかを推し量れなかったりする想像力のなさが原因です。

女性が求めるものは「安定した結婚生活」で、安定した収入であることはもちろんですが、安定した夫婦関係、穏やかな育児環境なども含まれています。

相手がどのような生活を求めているのかを婚活が上手くいかないアラフォー男性は聞いてみたらいいですよね。

アラフォー婚活が上手くいかない男性の残念な特徴やその心理を理解して、婚活女性は自分が幸せになれる相手を見つけましょうね。

まとめ

アラフォー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴

1 若い女性を求めすぎる
2 自分の親の面倒を見てもらおうという魂胆が見え見え
3 自分の生活を変える気持ちが全くない
4 高収入を鼻にかけている
5 子供はいつかできると思っている
6 ナルシストである
7 お金の使い方が荒い


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal