ドM男の特徴を押さえて上手に付き合うための7つの方法

ドM男の特徴を押さえて上手に付き合うための7つの方法

ドMな男性というと言いなりで、頼りないイメージがありますよね?

まさにSMクラブで痛めつけられているイメージが浮かんでしまいますが、責められることが好きだというばかりではなく、このドM男と付き合う時には気を付けるべきことがあります。

その付き合い方を知っていると、男性なのだからリードしたいだろう、自分で決めたいだろう、という気づかいが実はドM男には不得手なことであったり、それを任されることでプレッシャーになったりすることがなくなり、ドM男もあなたも快適に付き合うことができるのです。

そこで今回は、ドM男の特徴を押さえて上手に付き合うための方法を、その心理と併せてお伝えします。


ドM男の特徴を押さえて上手に付き合うための7つの方法


1 こちらが少々強引にリードする


ドM男は優柔不断なので、自分で決めることができません。

ですから、遠慮なくこちらが主導権を取ってリードするとよいのですが、例えばデートや飲み会ならば「やりたい!」と頼むととても入念に下調べや準備、予約をしてくれますよ。

S男のように俺が俺がと前に出ていくのではなく、縁の下の力持ちとして頑張ってくれるのでお願いしてみましょう。


2 いじられキャラ、後輩キャラにする


苛められるのが好き、というのがドM男の大きな特徴で、なぜかかばん持ちになってしまう、なぜかパシられさてしまうというように、いじられキャラや後輩キャラにされる要素があります。

本人も全くの悪意や悪ノリが過ぎた冗談は嫌がりますが、愛嬌程度のいじりはむしろ嬉々として受け入れたりします。

ここでの注意点はやりすぎないことで、テレビで芸人がしているようなことは一般社会では止めましょう。


3 ほどほどに尽くさせてあげる


ドM男は優しいので自然と尽くしてくれますし、尽くせる自分が好きです。

ですから、先述のデートや飲み会の幹事等もそうですが、他人のために働くことをとてもやりがいを持ってやってくれるのですね。

周囲の人たちに体よく使われているようにも見えますが、当の本人は「しょうがないなぁ」「なんでいつも俺ばっかり」などと言いながらもどこか嬉しそうにやっているものです。

しかし、相手のことを思いやりすぎてしまうのもドM男の特徴で、自分がとても疲れているのに尽くそうとする時には「そんなに無理しなくていい」とそっと言ってあげましょうね。


4 たまに認める


ドM男は尽くすのが好きなのですが、やはり誰も見てくれていないと寂しさを感じたり、虚しさを感じたりします。

そして、自分が尽くすことが自分の存在価値になっているところもあるので認められないと不安にもなってくるのですね。

ですから、たまには「いつもありがとう」「頼りにしているよ」と普段の働きを認めるメッセージを送って、あなたが必要なのですよ、と伝えてあげましょう。

ドM男は認められたことを喜び、さらに頑張ってくれることでしょう。


5 うじうじし始めても動揺しない


ドM男は基本的に自分に自信がないので、ちょっとしたことで「自分が悪いのだ」と自分を責め始めます。

この「ドM男の自分責め」に付き合ってしまうとこちらも疲れてしまうので、そうは思っていないよと伝えたら、あとはドM男の頭が冷えるのを待ちましょう。

ドM男は感受性が高く繊細な性格なので、女の子のように泣いたり動揺したりしますし、キツイことを言われるとやはり傷つきますのでいくら苛められるのが好きとは言え、ほどほどにしましょうね。


6 関係を切られることを恐れているのでそれを切り札にしない


ドM男は自分に自信がないと先述しましたが、それ故にちょっとした喧嘩や意見の相違であなたとの関係が無くなってしまうことを本気で恐れています。

ですから、縁を切ることをちらつかされると本当に言いたいことも言えませんし、無理をして尽くそうとしてしまうので、それを言うことを聞かせる手段にするのは止めましょうね。

また、冗談というものが通じないので、「もう終わり!」と口走ってしまうと本気にしてしまいます。

ちょっと面倒なところですが、ドM男の繊細さを受け入れてあげてくださいね。


7 愛されていないと知ると怒りが爆発するので注意する


優柔不断だけど優しくて、他人のために尽くすことが嬉しいと感じるドM男ですが、他人を優先するあまりに自分の気持ちや感情を置き去りにする癖があり、その結果、ドM男も知らないうちに不満や怒りやストレスが溜まってしまうことがあります。

そして、ドM男が他人に尽くすのは「愛してほしいから」ですので、この「愛してほしい」が満たされなかったときに溜まっていた怒りや不満が爆発してしまうことがあります。

こうなると大変厄介ですから、ドM男の怒りや不満が溜まらないように

・無理をしようとしていたら止める
・日頃から少しずつガス抜きをする(怒りや不満が小さい段階で話を聞くなど)
・ドM男を依存させない

ということに気を付けましょう。


ドM男の特徴を押さえて上手に付き合うための方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

ドM男は優柔不断ですが優しく、根性もあって、他人に尽くせるという実は器の広い人でもありますが、自分のことが二の次になりがちなので、知らないうちにストレスを溜めてしまっています。

そして、他人に尽くし役立つことが自分の存在価値となっているので、一生懸命他人に尽くそうとし、尽くしていた人に裏切られた!と感じた場合に人間が変わったのかというくらい怒ることがあります。

そうならないためにも、人間としてあなたが必要ですよというメッセージを送りつつ、依存はさせないように適切な距離感でお付き合いしましょう。

そうすれば、ドM男は優しい人ですから、とてもよい人間関係を築いて、双方ともに幸せになることができますよ。

まとめ

ドM男の特徴を押さえて上手に付き合うための7つの方法

1 こちらが少々強引にリードする
2 いじられキャラ、後輩キャラにする
3 ほどほどに尽くさせてあげる
4 たまに認める
5 うじうじし始めても動揺しない
6 関係を切られることを恐れているのでそれを切り札にしない
7 愛されていないと知ると怒りが爆発するので注意する


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal