金運に見放される残念な人が取っている7つのNG行動と思考

金運に見放される残念な人が取っている7つのNG行動と思考

金運は誰しも上げたいと思うもの!金運を上げる神社にお参りしたり、お財布を金運が上がるといわれる長財布にしたり、金運を上げるためにいろいろとしてみたりしますね。

しかし、その思いとは裏腹に現実はお金がない、入ってもすぐ出ていく、不本意な臨時出費が多いなど、金運がないと感じることもありますね。

金運に見放されていると感じている方は、もしかすると金運を下げるNG行動を行ってしまっていたり、金運を下げる思考をしてしまったりしているのかもしれません。

そこで今回は金運に見放される残念な人が取っている7つのNG行動と思考をご紹介します。


金運に見放される残念な人が取っている7つのNG行動と思考


1 「お金がない」が口癖になっている


何かにつけ「お金がない」と言っていると、本当にその通りになってしまいます。

「お金がない」と言い続けるということは、お金がないことに意識を集中させてしまっている状態です。

自分にいかにお金がないか、ということを見張っているのです。

ですから、本当はお金があってもお金がない、と思い込んでしまっているので、その状態を引き寄せてしまうのです。

「お金がない」という口癖は金運を落とします。

お財布にお金があるとき、支払いができたとき、買い物をしたときは、お金があるからできることをしているので「私はお金がある」という思考をしましょう。


2 お金に対するイメージが悪いままである


お金にどのようなイメージを持っていますか?

自分を苦しめ、惨めな状態にし、他人から馬鹿にされ、ないほうがいいもの、というイメージを持っていたら金運が下がってしまいます。

そのような嫌なものを自分の身の回りに置きたくないので、お金を遠ざけてしまうのです。

お金があって助かったと思った経験はないでしょうか。

おいしいものを食べられた、とてもよいサービスを受けることができた、ということも、お金という存在があるからこそ、得ることができます。

また、他人に感謝の意を表すときにもお金は使えますね。

お金のイメージを良くしていくことを心がけましょう。


3 人から奪うことばかり考えている


お金は循環していくものですから、得ることと与えることはセットなのです。

それはお金そのものではなくて、愛も含まれます。

他人から奪うことばかりしていると、他人の愛を得てばかりいるので、自分のお金が出て行ってしまうのです。

他人から奪うとは

・他人の時間を大事にしない
・他人からサービスをタダで受けようとする
・他人の物をタダでもらおうとする

というようなことです。

他人に対する気配りに欠けているとき、他人から愛を奪っています。

このような人は金運が下がってしまいます。


4 セールになると買ってしまう


本当に欲しいものにお金を使っていると金運は下がりません。

むしろ上がっていきます。

それは、本当に欲しいものを得ることは、引き換えに出した金額以上の価値を得ることになるからです。

一時はお金が減るのですが、それ以上の価値を得た、と本人が思っていますから、豊かさという面では得をしています。

セールになると買ってしまう人は、金運を下げてしまいます。

セールにならないと買わないようなものは、本当は欲しいものではないからです。

いくら安くても、本当に欲しいものではないものを手に入れるためにお金を使うと、お金は本当に欲しいものではないものを手に入れるためのものになります。

とはいえ、経済的に本当に欲しいものを得られない時もあります。

そんな時は、できる範囲で自分の欲しいものをきちんと選ぶ習慣をつけましょう。


5 買い物を値段で決めてしまう


セールに限らず、普段の買い物やレジャーでも、金額で買うか買わないか、参加するかしないかを決めていると金運が下がってしまいます。

お金は夢を叶える道具!お金に自分のしたいことを支配されてはいけないのです。

金額で購入を決めたものは本当の意味で満足できず、どこかに不満が残ります。

「お金を使うと不満を感じる」というパターンができてしまうと、お金に対して悪いイメージを持ってしまったことになるので、金運が下がってしまいます。


6 使えば巡る、と浪費してしまう


「お金は出したら入ってくる」とも言いますが、入ってくることを前提に使っても入ってきません。

見返りを求める心があると、使ったとしても本当の意味で使ったことにならないからです。

お金を使うことは、必ず価値との交換のはずです。

そこで一旦価値の交換は終わっていますね。

そこからさらに使った以上の金額が返ってくることを考えることは、得をしたいという欲なので金運は下がってしまいます。

巡らせるためにお金を使うのではありません。

本当に欲しいものを感謝して手に入れられる制度として、お金があるのです。


7 感謝のない人は金運が大きく下がる


お金は愛や感謝のエネルギーですから、感謝のない人は金運が大きく下がってしまいます。

しかし、むやみやたらに感謝をしても金運は上がりません。

お金を使うところというと、買い物をする時、サービスを受ける時ですが、買うものがそこに準備されていること、サービスがそこで提供されていること自体がすでに感謝の対象になります。

そこになければ、いくらお金があっても得ることはできません。

そう思うと、お金を使うときに感謝ができる場面が増えてきます。

自分が心からお金に対して感謝できることを探して、そこから感謝していきましょう。

だんだんと感謝できる範囲が広がり、それに応じて金運は上がっていきますよ。


「お金がない」が口癖になっていたり、お金に対するイメージが悪いままだったりすると、悪いものは身の回りに置きたくないのでお金を遠ざけてしまいます。

お金は愛と感謝のエネルギーで、愛は与え与えられるものですが、他人から愛を奪ってばかりだと、その代わりにお金がどんどん出て行ってしまいます。

お金の有無で自分の生活を決めてしまっていると、満足できないので結局お金に対するイメージが悪くなってしまいます。

お金に対するイメージを良くして、感謝できる部分を見つけ、お金そのものや、お金という制度があること、今自分にお金があることに感謝をしていきましょう。

まとめ

金運に見放される残念な人が取っている7つのNG行動と思考

1 「お金がない」が口癖になっている
2 お金に対するイメージが悪いままである
3 人から奪うことばかり考えている
4 セールになると買ってしまう
5 買い物を値段で決めてしまう
6 使えば巡る、と浪費してしまう
7 感謝のない人は金運が大きく下がる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal