女性の心理をくすぐって自分に好意を向けさせる7つの方法

女性の心理をくすぐって自分に好意を向けさせる7つの方法

「意中の女性に好意を持ってもらいたい」とは思うけど、変なアピールをして引かれたくないからスマートにアピールしたいけど方法がわからない、と言うことがありますよね。

女性には女性ならではの「キュンと来る瞬間」「なぜか気になってしまうこと」がありますので、このポイントを押さえればアピールすると自然と好意を持ってもらえますよ。

そこで今回は、女性の心理をくすぐって自分に好意を向けさせる方法を、具体例と併せてお伝えします。


女性の心理をくすぐって自分に好意を向けさせる7つの方法


1 さりげなく褒める


女性は褒められるのが好きですから、まずは褒めるポイントをたくさん見つけられるようになりましょう。

「きれいだね」「かわいいね」と言う言葉は嬉しいのは嬉しいのですが、みんなに言っているような気もして特別感はあまりありませんから、彼女ならではの褒めポイントをしっかり探し、さりげなく褒めましょう。

・髪形を変えた
・いつもとは違うテイストの服を着てきた
・仕事を頑張っている
・気を使ってくれた
・笑顔、対応が気持ちいい

と言うように、彼女の行動に注目すると「彼女ならではの褒めポイント」を見つけやすくなります。

この注意点としては、容姿や服装、ヘアメイク等を褒めすぎると、セクハラと認識されることがあるので外見だけにとらわれることなく幅広い分野から褒めるようにしましょうね。


2 さわやかな人になる


女性はさわやかな人が好きですが、「さわやかな人」ってどのような人のことを言うかご存知ですか?

・清潔感がある
・体臭ケアをしている
・着ているもの、身に着けているものがこざっぱりしている
・誰にでも笑顔で挨拶
・人のせいにせず頑張れる
・必要なところでは周りに相談ができる
・店員などにも優しく礼儀正しい

と言うように、外見だけの問題ではなく中身もさわやかな人が好きで、さわやかな男性をよく観察しています。

彼女に好意を持ってもらいたいので、彼女に対する働きかけだけを考えてしまいがちですが、彼女は、周囲の人たちにどのように接しているかをとてもよく見ていますので全方位から見てさわやかな人になるよう努力しましょう。

さわやかな人になってから彼女にアプローチすると好意を持ってもらえる可能性がぐんと高まりますよ。


3 みんなに優しいが、彼女にだけ少し特別なことをする


女性は特別扱いに弱いのですが、あからさまな特別扱いは嫉妬の対象になるかもしれませんし、それを受け取ってしまうと何かを返さないといけないような気になって逆に好意は持ってもらえません。

みんなに優しい男性が、自分にだけ少し特別扱いをしてくれるとドキッとしますし、好意を好意として受け取ってくれるのです。

その際の特別扱いは、受け取るのが重くならない程度が良いので、例えば缶コーヒーを奢るところから始めて、彼女の反応が良ければランチに誘ってみるなど、少しずつ距離を近づけていくとよいですね。


4 彼女の動作をさりげなく真似る


好意を持っている者同士(仲の良い友人、親子、夫婦など)は知らず知らずのうちに相手の動作を真似ています。

相手が頬に手をやれば自分も頬に手を当て、飲み物を飲めば自分も飲み物に手を伸ばし、足を組めば足を組む、と言うことを自然とお互いにしているのです。

ですから、彼女に好意を持ってほしい場合は、彼女の動作をさりげなく真似ましょう。

彼女がその真似に明らかに気づかないくらいのさりげなさがよく、男性が彼女に好意を持っていることを伝えることができますので、彼女も自然と男性に好意を向けてくれるようになりますよ。

彼女に気持ち悪がられてしまうので、くれぐれもあからさまな真似はしないようにしてくださいね。


5 頑張っているアピールはしない


女性は「黙って頑張る男性が好き」で、このような男性から「実は今しんどいのだ」と自分だけに弱音を吐かれるとキュンとなってしまう心理があります。

ですから、頑張っているところを彼女に分かってほしくて「頑張っているアピール」「忙しいアピール」をしてしまうのは全くの逆効果で、あまりにもそのアピールがしつこい場合彼女から「仕事ができないヤツ」という烙印を押されかねません。

頑張っている仕事を彼女にアピールしたいのはぐっとこらえて、コツコツと頑張る男の背中を見せましょう。

女性はその背中に好意を寄せるのです。


6 彼女の話には口を挟まずに聞くことに徹する


彼女と会話をする機会があったら、是非彼女の話をしっかり聞いてあげてください。

ここで男性が間違いがちなのは、「女性の話をすぐに切り上げて、自分ならではの皆生策を得意げに女性に聞かせる」ということが「女性の話を聞く」ことだと勘違いすることです。

女性はただ話を全部聞いてほしいだけなので、好意を持ってもらいたいのならば口を挟まずに女性の話を聞いていましょう。

他の男性はなかなかできないことですから、これをすると他の男性との差別化にもなりますよ!


7 なるべく彼女と一緒にいる時間が長くなるようにする


二人きりで、と言う意味ではなくて、彼女と同じ空間に長くいるようにすることで好意を持ってもらいやすくなります。

遠距離恋愛のカップルが別れてしまいやすいのは、単純に「一緒にいないから」と言う原因がとても大きいのですが、この方法は「一緒にいるとそれだけ好意を持ってもらいやすい」と言う心理を利用したものです。

さりげなく彼女と一緒にいられる時間を工夫して増やしましょう。

しかしストーカーと間違われないように、TPOを弁え、不自然にならないように気を付けてくださいね。


女性の心理をくすぐって自分に好意を向けさせる方法を、具体例と併せてお伝えしましたが、いかがでしたか?

女性が男性に好意を寄せる心理と、男性が女性にアピールしたい心理はすれ違いがあり、そこを理解せずにアピールしても逆効果になる可能性すらあるのですね。

女性は器の大きな男性に好意を寄せますので、周囲の人たちを気遣うことができ、仕事も頑張り、弱音を普段は吐かない男性になったうえで彼女にだけ少しアピールすると、好意を持ってもらえるようになりますよ。

女性の心理を理解して自分に好意を持ってもらい、素敵なお付き合いを始めちゃいましょう。

まとめ

女性の心理をくすぐって自分に好意を向けさせる7つの方法

1 さりげなく褒める
2 さわやかな人になる
3 みんなに優しいが、彼女にだけ少し特別なことをする
4 彼女の動作をさりげなく真似る
5 頑張っているアピールはしない
6 彼女の話には口を挟まずに聞くことに徹する
7 なるべく彼女と一緒にいる時間が長くなるようにする


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal