男友達への嫉妬がヤバい彼氏をなだめる7つのコツ

男友達への嫉妬がヤバい彼氏をなだめる7つのコツ

男友達と食事に行ったり、男友達の話をしたりすると、明らかに機嫌の悪くなる彼。

彼女からすると、信頼してほしいから正直に話しているのに、とうんざりしますね。

とはいっても、彼氏ができたからと言って男友達との縁をすべて切ってしまうのは現実的ではありません。

彼氏は、競争意識が激しい、他人と比較して優劣をつける、という男性特有の考え方や感じ方に基づいて嫉妬しています。

ですから、比較して優劣をつける男性心理を理解して、伝え方や内容を少し変えるだけで彼氏の嫉妬をなだめることができます!

そこで今回は、男性心理を理解して、男友達への嫉妬がヤバい彼氏をなだめる7つのコツをご紹介します!


男友達への嫉妬がヤバい彼氏をなだめる7つのコツ


1 言わないとわからない!あなただけが特別と伝える


彼氏の望みは「彼女の一番大事な男でありたい」ことです。

しかし、彼女はそれが当たり前だと思っていても、全く彼氏に伝わっていないことが多くありませんか?

男性は「察する」ということが苦手です。

当たり前であっても言ってもらわないとわからないのです。

「私にとってあなたが一番なのよ」「一番大事に思っているのよ」と言葉に出して伝えましょう。


2 男は比較する生き物です!あなたがすごいと伝える


男性は他人と比較して優劣をつける生き物です。

ですから、彼女の男友達と自分を比較しています。

自分のほうが勝っていると信じたい、信じたいけれども彼女は男友達と遊びに行ってしまうとなると、自分に自信が持てなくなってきます。

そして、拗ねたりいじけたりする姿を彼女にみせてしまうことも。

逆に拗ねたりいじけたりする自分が嫌になってしまうことも。

このような彼氏には「あなたがとにかくすごい」と褒めましょう。

周囲がどう思っているかではなく、彼女が心からすごいと思うことをささいなことでもいいので心底褒めましょう。

彼氏は、彼女の評価が下がっていないことを知って安心しますよ。


3 男の影も感じたくない!男友達の話はしない


男友達と会った後、その男友達のことを彼氏に話したりしていませんか?

彼氏は彼女が男友達と会うこと自体を嫌がっていますから、会ったときにした話は聞きたくありません。

彼氏はできればないことにしたいと思っているくらいです。

彼氏とデートしているときは男友達の話はしないようにしましょう。


4 彼女を喜ばせたいのが男!感謝の言葉を伝えよう


男性は好きになった女性を喜ばせたいと女性が思う以上に思っています。

それは時にプレッシャーになるほどですが、男性としての自信は、彼女がどれだけ幸せそうにしているかということにかかっています。

しかし、男性は「察する」ことができないですから、彼女が感謝していても言葉として伝えられないとわかりません。

ですから、彼女がしてもらってとてもありがたく感じたときは必ず「とても助かったよ、ありがとう」「すごくうれしい」と言葉にして伝えましょう。

具体的に何かをしてもらわなくても、「いてくれるだけでほっとする」「話を聞いてくれてありがとう」と彼氏の存在自体に感謝していると伝えることもできます。

彼氏の男性としての自信は彼女が作ることができるのです!


5 私に触っていいのは彼氏だけ!ほかの男になれなれしい態度は許さない


嫉妬深い彼氏が不安に思っていることは、彼女にその気がなくても男友達が彼女にモーションをかけてきたらどうしよう、ということです。

そうなったら、モーションをかけられた彼女はどうするのだろうか、と不安に思っています。

飲み会やパーティなどでは、他の男性が触れようとしたらさりげなく避ける、他の男性があまりに近寄ってきたら適度な距離を取る、回し飲みやカトラリーの共用をしない、など他の男性とは一線を画していることを行動で示しましょう。

彼氏は、彼女が安易に男性に近づいているわけではないということを目の当たりにして安心できますよ。


6 一緒にいるときは彼氏を優先!気づかいを見せる


男性は特別扱いをしてほしい生き物です。

特に彼女から特別扱いをされたいし、彼女に一番大事にしてほしいと思っています。

ですから、彼氏と一緒にいるときはそ、れとない気づかいを見せて一番大事に思っていることを示しましょう。

例えば、

  • 男友達からかかってきた電話などは出てもすぐに切る
  • 他の人がいる状態で彼氏だけがわからない話になったら、適当に切り上げる
  • もちろん彼氏が分からない話で盛り上がらない

こんな感じです。

あとは思いっきり甘えるのも彼氏に対する特別扱いです。

「あなただから思いっきり甘えることができるの」と甘えてみましょう。

彼氏の「彼女を喜ばせたい」という欲求も満たすことができて、男性としての自信を持つこともできて一石二鳥です!


7 黙っていたらさらに嫉妬する!事前に報告する


そんなに嫉妬するなら、もうあらかじめ報告もしたくないし、黙って男友達と会ってしまいたい、どうせ何も起こらないし…と思ってしまいそうになりますね。

でも、彼氏に男友達と会うことを報告しないのはNG!!

彼氏に「やましいことでもあるのか」と余計に勘繰られて嫉妬されてしまいます!

彼氏の本音は、「自分以外の男と出かけないでほしい」ですから、彼女が男友達と会うことはいくら事前報告があっても嫌なのです。

ですから、彼氏に男友達と会うことを事前報告したときに、彼氏の機嫌が悪くなることは許してあげましょう。


さて、『男友達への嫉妬がヤバい彼氏をなだめる7つのコツ』はいかがでしたか?

男友達と会うたびに、彼氏に多かれ少なかれ嫉妬されて嫌な思いをしている方も多いのではないでしょうか。

彼女が弁解しても彼氏の嫉妬は収まらないなら、比較して優劣をつけるという男性特有の心理を理解して、彼氏への接し方や伝え方を変えるほうが賢明です。

「あなたが一番大事だ」というメッセージを言葉や態度、行動で彼氏に送り続けることで、彼氏の嫉妬をなだめることができます。

彼氏の嫉妬の裏に隠れている心理を理解して、その心理に合った接し方を習得し、彼氏の嫉妬をうまくなだめましょう!

まとめ

男友達への嫉妬がヤバい彼氏をなだめる7つのコツ

1 言わないとわからない!あなただけが特別と伝える
2 男は比較する生き物です!あなたがすごいと伝える
3 男の影も感じたくない!男友達の話はしない
4 彼女を喜ばせたいのが男!感謝の言葉を伝えよう
5 私に触っていいのは彼氏だけ!ほかの男になれなれしい態度は許さない
6 一緒にいるときは彼氏を優先!気づかいを見せる
7 黙っていたらさらに嫉妬する!事前に報告する


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal