男の肌荒れを水洗顔で解決する5つの方法

男の肌荒れを水洗顔で解決する5つの方法

「何をしても肌荒れが治らない」「スキンケアって正直面倒」心の中でこのように思ったことはありませんか?

男性の肌は女性よりも水分が少なく、皮脂量が多いので肌荒れを起こしやすいのです。

とはいえ、まず洗顔をし、その後に化粧水、最後に乳液やクリーム、、といったスキンケアは時間もかかるし面倒ですよね。

実は、水だけで顔を洗う水洗顔を実践すれば、面倒なスキンケアの手間を省けるだけでなく、肌荒れをきれいに治すこともできるのです。

手間や時間をかけずに、清潔感のある肌を手に入れられたら嬉しいですよね。

そこで今回は、男の肌荒れを水洗顔で解決する5つの方法についてご紹介します!


男の肌荒れを水洗顔で解決する5つの方法


1 水洗顔のメリットとは


水だけで顔を洗う水洗顔には、肌荒れを治すだけでなく、様々なメリットがあるのです。

そこで水洗顔のメリットについてご紹介します!

水洗顔のメリット

・皮脂を取りすぎない
実は、洗顔料での洗顔は、肌に必要な皮脂まで取りすぎてしまっているのです。
水だけで洗顔することで、肌に必要な潤いを保っておくことができます。

・肌荒れを治す
洗顔料で余計な刺激を与えないことで、ニキビやカサつき、赤みなどの肌荒れを早く治すことができます。

・乾燥肌を治す
水洗顔をすると洗顔料の刺激による乾燥がなくなるので、乾燥肌を改善することができます。

・脂性肌を治す
額や鼻のテカリ、ベタベタなどが特徴の脂性肌ですが、実は乾燥が原因となっていることがあるのです。
その場合、洗顔料で皮脂を取り除こうとしても脂性肌が悪化してしまいます。
水洗顔を行うことで、乾燥を防いで脂性肌を改善することができます。

・肌を強くする
洗顔料による刺激がなくなるので肌自然治癒力がアップし、肌荒れしにくい強い肌を作ることができます。

水洗顔を行うことで、肌の悩みを解決し、肌荒れを起こしにくい肌を作ることができます。

ぜひ、水洗顔を日常生活に取り入れてみてくださいね!


2 まずはご自分の肌タイプをチェック!


様々なメリットのある水洗顔ですが、実は肌のタイプによって実践法が異なるのです。

ご自分の肌タイプに合った方法で実践しなければ、むしろ肌荒れが悪化してしまうことも、、

そこで肌タイプのチェック法をご紹介します!

肌タイプチェック法

①普段通りに洗顔する
②化粧水などを何もつけずに10分待ち、肌タイプをチェックする

肌タイプ

・乾燥肌
肌がつっぱった感じがして、頬や目元、口元がカサつく

・脂性肌
つっぱりは感じないが、額や鼻、顎が脂っぽい

・混合肌
頬や目元、口元は乾燥しているが、額や鼻は脂っぽい

水洗顔の効果を最大限に得るためには、ご自分の肌タイプを把握しておく必要があります。

普段の洗顔の際にチェックできるので、ぜひチェック法を実践してご自分の肌タイプを調べておきましょう!


3 乾燥肌の方の水洗顔実践法


乾燥肌の方は、「カサつきがひどい」「肌がピリピリする」というお悩みをお持ちの方も多いですよね。

乾燥がひどくなると洗顔料や水がしみてしまうことも、、

そこで、乾燥肌の方の水洗顔実践法についてご紹介します!

乾燥肌の方の水洗顔実践法

・水の温度は30度前後
乾燥肌の方は皮脂を取りすぎてしまわないことが重要ですので、低めの温度で水洗顔を行いましょう。

・30回ほど顔をすすぎ、タオルで押さえるように拭く
擦るように拭くと刺激になってしまうので、顔を拭く時は押さえるようにしましょう。

・化粧水や乳液はつけないのが基本
乾燥肌の方には化粧水なども刺激になってしまうことがあります。
水洗顔は顔に必要な皮脂を落とさないので、洗顔後は何もつけないのが基本です。

・朝は必ず水洗顔、夜は2、3日に一回洗顔料を使う
朝はそれほど肌が汚れていないので水洗顔で十分ですが、夜は水洗顔だけでは汚れが落としきれない場合があります。
できるだけ肌に刺激を与えないように、2、3日に一度洗顔料を使うようにしましょう。

・肌に赤みがある場合、洗顔料や水がしみる場合は朝夜共に水洗顔
肌がボロボロになってしまっている場合には徹底的に肌の刺激を排除する必要があるので、洗顔料を使わずに朝夜共に水洗顔を行いましょう。

・水洗顔後に乾燥が気になる場合は軽く保湿
どうしても乾燥が気になる場合は、保湿を行った方が肌を健康に保つことができます。
水洗顔を続けるうちに、保湿が必要なくなってきますよ。

乾燥肌の方は、とにかく肌に刺激を与えずに洗顔することが重要ですが、肌がボロボロになってしまっている場合にも、水洗顔を行えば早くて3日ほどで肌が回復してきます。

乾燥が気になる方は、朝夜の水洗顔にチャレンジしてみてくださいね!


4 脂性肌の方の水洗顔実践法


肌のテカリやベタつきが気になる脂性肌の方は、肌への刺激を抑えると共に、しっかりと汚れを落とすことも重要です。

そこで、脂性肌の方の水洗顔実践法についてご紹介します!

脂性肌の方の水洗顔実践法

・水の温度は33度前後
脂性肌の方は皮脂をしっかりと落とすことが重要なので、高めの温度で水洗顔をしましょう。

・肌がスッキリするまで顔をすすぎ、タオルで拭く
スッキリした感じがするまですすぐことで、不要な皮脂を落とすことができます。

・化粧水や乳液はつけない
脂性肌の方は皮脂で十分に保湿ができるので、化粧水などは必要ありません。

・朝は水洗顔、夜は洗顔料で洗う
脂性肌の方は、夜は水洗顔だけでは溜まった皮脂や汚れが落としきれません。
夜は毎日洗顔料を使って、しっかりと汚れを落とすようにしましょう。

・ニキビがある場合は普段のスキンケアに戻す
水洗顔は殺菌効果が薄いので、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。
ニキビがある場合には洗顔料や薬などを使った普段のスキンケアに戻しましょう。

水洗顔では殺菌効果が薄いので、ニキビができてしまった場合には普段のスキンケアに戻し、ニキビを早く治すことを優先する必要があります。

水洗顔を続けていくうちに、ニキビなどの肌荒れの起こりにくい肌になっていきますよ。

脂性肌にお悩みの方は、朝だけの水洗顔を取り入れてみてくださいね!


5 混合肌の方の水洗顔実践法


混合肌の方は、「ベタつく部分と乾燥する部分があってスキンケアが難しい」というお悩みをお持ちの方も多いですよね。

そこで、混合肌の方の水洗顔実践法についてご紹介します!

混合肌の方の水洗顔実践法

・水の温度は30度前後
混合肌の方は、乾燥する部分に合わせて低めの温度で水洗顔をするようにしましょう。

・ベタつく部分を中心に30回ほどすすぎ、タオルで拭く
頬などはすすぐ回数が多いと乾燥してしまうので、額や鼻、顎などベタつく部分を中心にすすぎましょう。

・化粧水や乳液はつけないのが基本
水洗顔では顔に必要な皮脂が残るので、化粧水などでの保湿は必要ありません。

・朝は水洗顔、夜は水洗顔かベタつく部分だけ洗顔料を使う
基本的に朝夜共に水洗顔で十分汚れが落とせますが、額などのベタつきが気になる場合には夜のみ洗顔料を使うようにしましょう。

・水洗顔後に乾燥が気になる場合は軽く保湿
頬などの乾燥が気になる場合には、乾燥している部分だけ保湿をするようにしましょう。

混合肌の方は、ベタつく部分と乾燥する部分でケアを変える必要があります。

水洗顔を続けると、乾燥とベタつきが落ち着いて健康な肌に近づきますよ。

混合肌にお悩みの方は、ぜひ状況に合わせた水洗顔を実践してみてくださいね!


さて、『男の肌荒れを水洗顔で解決する5つの方法』はいかがでしたか?

水洗顔はお肌のお悩みに効果があるだけでなく、肌自体を強くする効果もあることがわかりますよね。

また、肌タイプによって水洗顔の実践法も異なってきます。

今回ご紹介した方法を実践するだけで、肌荒れを解消して清潔感のある肌を手に入れることができますので、ぜひ明日から実践して、お肌のお悩みを解消しましょう!

まとめ

男の肌荒れを水洗顔で解決する5つの方法

1 水洗顔のメリットとは
2 まずはご自分の肌タイプをチェック!
3 乾燥肌の方の水洗顔実践法
4 オイリー肌の方の水洗顔実践法
5 混合肌の方の水洗顔実践法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal