男子が引いてしまう醜い女の嫉妬7例

男子が引いてしまう醜い女の嫉妬7例

女の嫉妬は怖いと言いますが、当の女性たちからすると当たり前まではいかなくても気持ちはわからなくもないということがありますよね。

しかし、女の嫉妬を知った男性はその恐ろしさにドン引きしてしまうこともあるので、男子が引いてしまう嫉妬は押さえておきたいところです。

男子が引いてしまう嫉妬の種類を知っておけば、自分が嫉妬するような立場になった時に冷静になることができて自分の幸せとは何だろうか、と考えることができ、結果的に嫉妬に時間を費やすことがなくなりますよね。

そこで今回は、男子が引いてしまう醜い女の嫉妬を、女性ではない男性の視点を交えながらお伝えします。


男子が引いてしまう醜い女の嫉妬7例


1 女性の連絡先をすべて削除させる


お付き合いを始めて早々、「私を本気で愛しているなら他の女性の連絡先を削除して」と真顔でいう嫉妬深い女性がいますが、一人の女性を愛することと、他の女性との接点を断つことはそもそも関係がありません。

このような嫉妬をする女性は、「自分はどの女性よりも魅力がないのです」と彼氏に宣言しているようなものですが、本人はそれが愛の証だと信じています。

しかし現実問題として女性の連絡先をすべて消去すると社会生活が難しくなるので、このような無理難題を吹っかけるような嫉妬は止めましょう。


2 仕事をしていようがひっきりなしに連絡する


男性は少なからず「自分の今の立場や状況を理解してほしい」と思っていますが、仕事中であろうが、ひっきりなしに連絡をするような女は嫉妬深くてうんざりしてしまいますね。

確かに連絡に応答しない時には電話やスマホを見ていないのでしょうが、仕事が終わった時に見る「着信〇件」「未読〇件」の数が多ければ多いほど、男性は束縛を感じて彼女から心が離れていくのです。

彼氏と会えない時に不安になる気持ちはありますが、そのような時は自分の趣味ややりたいことを思いっきり楽しみましょう。

自分のプライベートが充実するようになると、彼氏のほうから連絡があるようになりますよ。


3 他の女性の悪口ばかり言う


男性はそもそも「悪口を言う」ことが恥ずかしいことだと捉えていますが、女性は悪口も人間関係の潤滑油と考えているので男性よりはハードルが低いですね。

ですから、自分の彼女が他の女性の悪口ばかりを言うと、彼氏としては恥ずかしいし、うんざりするし、興味がないしでどんどん気持ちが離れて行ってしまうのです。

他の女性の悪口を言いたくなったら、ストレスがたまっているのかもしれませんから、まずはストレス解消を試みましょう。

・好きな飲み物や食べ物を楽しむ
・映画を見て感情移入する
・軽い運動をする

など、気分転換も兼ねて、ストレス解消してみてくださいね。


4 彼氏の意識が他の女性に向いてないかのチェックばかりする


この嫉妬をする女性は、とにかく自分に自信がありませんから、「彼氏の目が他の女性に向いていない」ということを確認したくて、目を光らせています。

しかし、「彼氏の目が他の女性に向いていないか」を見張っていると、そのような情報ばかりを集めてきてしまい、結局「他の女性を見ている!」と彼氏と間違いなく喧嘩になります。

人口の半分は女性ですから、見ないことが不可能ですし、知らない女性には愛想よくする男性もいますし、いいなと思えば思わず見てしまうこともある、ということと、彼女を愛していないということは無関係です。

せっかくデートをしているのですから、彼氏との時間を純粋に楽しみましょう。


5 彼氏のスケジュールを完璧に把握しようとする


嫉妬深い女性は束縛癖がありますが、これもその一例で、彼氏のスケジュールを完璧に把握して浮気に繋がりそうな時間帯に目を光らせるのです。

このような女性は「彼氏は浮気する」という前提でこのような行動を取るので、彼氏からしてみれば面白いわけがなく、また、男性は程度の差はあれ束縛されることを嫌いますので「どうしてすべてを伝えなければならないのか」と反抗する気持ちが彼氏の中に湧いてしまいます。

それを伝えようものなら、「やっぱり浮気しようと思っているんだ」と彼女から言われてしまい、喧嘩になって別れるということにもなりかねません。

やましい心がなくても、「浮気するんでしょ」と決めつけられると誰でもいい気はしない、彼氏の心を傷つけるだけだと肝に銘じておきましょう。


6 すぐ彼氏の浮気に結び付けて妄想する


嫉妬する女性は基本的に自分に自信がないので、物事の受け取り方はネガティブなものが多く、何でもないことをすぐに「彼氏が浮気するのでは」「他の女性と会っているのでは」と疑ってしまいます。

セルフイメージが「浮気される自分」となっているので、彼氏がどんなに気を付けても些細なことを自分のセルフイメージと結び付けてしまうのですが、これが何回も続くと彼氏は自分の努力が全く報われる気配がなく、もちろん愛していることが伝わらない様子に疲弊してしまいます。

そして本当に別れを切り出されてしまうので、なんでもかんでも彼氏の浮気に結び付けて大騒ぎするのは止め、「それほど寂しいの、会いたいの」と伝えてみましょうね。


7 彼氏の家に突然やってくる


彼氏を自分のモノ扱いしているとこのような行動を平気で取ってしまいますが、その裏には「浮気していないか確かめたい」、「浮気していた場合証拠隠滅させないように」という心理が働いています。

自分の都合お構いなしで自分のパーソナルスペースともいえる家に突然やってくる彼女は、男性にとって「嫉妬深い」を通り越して「恐怖」ですらあるとご存知でしたか?

男性に引かれないためには、常識ある行動を心がけ、彼氏の家に行く前には連絡をしましょう。


男子が引いてしまう醜い女の嫉妬についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

嫉妬深い女性は、セルフイメージが低く、自分に自信がなく、彼氏には浮気されるものだという思い込みを強く持っている特徴があります。

しかし彼氏を失いたくないので、束縛したり嫉妬したりという方法で彼氏を繋ぎとめようとしますが、男性側も浮気することを前提で監視されているのは気分が良くないですから気持ちはどんどん冷めていきます。

彼氏を信じるということは、自分を信じるということですから、疑うことを止め、自分に自信をもって、醜い女の嫉妬から卒業し、彼氏とさらなる幸せを引き寄せちゃいましょう。

まとめ

男子が引いてしまう醜い女の嫉妬7例

1 女性の連絡先をすべて削除させる:現実的でないので止める
2 仕事をしていようがひっきりなしに連絡する:自分のプライベートを充実させる
3 他の女性の悪口ばかり言う:自分のストレス解消を別の方法でする
4 彼氏の意識が他の女性に向いてないかのチェックばかりする:彼氏との時間を集中して楽しむ
5 彼氏のスケジュールを完璧に把握しようとする:疑われている彼氏の気持ちを考えて止める
6 すぐ彼氏の浮気に結び付けて妄想する:「会いたい/寂しい」と素直に伝える
7 彼氏の家に突然やってくる:連絡してから行くようにする


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal