本音と建前を使い分ける世渡り上手な男性の7つの特徴

本音と建前を使い分ける世渡り上手な男性の7つの特徴

本音と建前を使い分けて、自分のやりたいことをして欲しいものを手に入れている男性が身の回りにいませんか?

もし、その男性のことをずるい、男らしくない、正直でないというマイナス評価をしつつも心のどこかではあのように生きられたら楽なのにと羨ましく思っているなら、本音と建前を使い分ける男性の特徴を知ると新しい発見がありますよ。

本音と建前を使い分ける男性は、ずるい、男らしくない、正直でない、と他人に見られても自分の本音を知り、正直に生きている男性なのです。

自分の本音を知ることと本音と建前を使い分けることに、何の関係があるのか興味がありますよね。

そこで本音と建前を使い分ける、世渡り上手な男性の特徴についてお伝えします。


本音と建前を使い分ける世渡り上手な男性の7つの特徴


1 本音を言って面倒が起きることを避けたい事なかれ主義


本音と建前を使い分ける男性の一番大きな特徴は、「自分の本音を知っていて、本音に沿って生きている」ということです。

自分の本音は他人に知らしめるものではなく、自分が知って行動することが最も大事だと知っているので、本音を言うところと建前で終わらせるところを弁えているのです。

ですから本音を言う必要がないと判断すれば建前で終わらせる器用さを持っており、自分の本音を必要のないところでゴリ押しして面倒なことが起こるのを嫌います。

自分の本音を知っているからこそ、本音と建前を使い分けることができるのですね。


2 嫌われたくないという気持ちが強い


本音と建前を使い分ける男性は、自分が本音を不必要に言うことで他人の気に障り嫌われたくないという思いを強く持っていますので、必要のないところでは自分の本音を言いません。

これは無用な争いを避けたいという気持ちの表れであり、必要があると思えば言葉を選びながら自分の本音を伝えようとします。


3 物腰が柔らかで親しみやすい雰囲気がある


本音と建前を使い分ける男性は自分の本音を知りその通りに生きているので、自分で自分を満たせていて精神的にも安定しています。

ですから、醸し出す雰囲気が親しみやすく、物腰も柔らかで余裕を感じさせます。

自分に自信がない人は、なめられてはいけないと厳しい雰囲気や強面な感じを出そうとしますが、本音と建前を使い分ける男性は自分に必要のないものを拒絶できると自分を信じているので他人を威嚇する必要がなく、余裕を感じさせる雰囲気を出せるのです。


4 ちょうどいい「適当」の物差しを持っている


本音と建前を使い分ける男性は自分の本音を知りそれに沿って行動していますから、仕事・人間関係・家庭・プライベートなどに自分が関わる程度を自分の本音を基準にして考えることができます。

そこに「他人に認められるため」「他人と同じようにしなければ」というような他人の目がなく、自分はどうしたいのか、ということが明確なので判断もしっかりしています。

基準が明確で判断がしっかりしていると、切り捨てる所は切り捨て、必要なところは残す行動を取れるので、要領もよく見られますね。

自分が関わることすべてに100%の力は出せないこと、自分の人生は自分が決めることを本音と建前を使い分ける男性は知っているから優先順位の高いものを残す行動を取るのです。


5 意外にも媚びているわけではない


本音と建前を使い分ける男性は媚びているイメージがありますが、それは建前だけの男性の場合で、本音と建前を使い分ける男性は意外にも媚びている感じを出しません。

本音と建前を使い分ける男性は、本音を言うべきところとそうでないところをその都度判断しているので、本音を言うべきところでは言いますから、そこで媚びない感じと安心感を周囲に与えます。

いつも本音を他人に押し付けてくる男性はウザがられますが、たまに本音を伝える男性は自分なりの意見をしっかり持っていたのだと評価されることがあります。

本音と建前を使い分ける男性はそのことを自然と知っているのですね。


6 人間関係のトラブルをほぼ起こさない


本音と建前を使い分ける男性の要領のよいところが、本音と建前を使い分けて人間関係のトラブルをほぼ起こさないことです。

自分がここで本音を言うとどうなるか、その結果は自分が望むものなのか、ということを冷静に考えることができるので、自分の意見を押し通さずにその場を収める選択をすることができるからなのですね。

一番大事なのは、他人に自分を認めてもらうことではなくて、自分が自分の本音を知ってそれに沿って行動することだと知っているから取ることのできる行動です。


7 他人を褒めることが上手である


本音と建前を使い分ける男性は自分を満たしているので、自分に自信と余裕があり、その結果他人を好意的な目で見ることができるので、他人の良いところを見つけ褒めるのが上手いです。

これも媚びようとしてやっているのではなく、自分の心の余裕から自然にできてしまうのでわざとらしくなく、他人の懐にスッと入っていきます。

褒めるのが上手であることから他人の評価も良く、本音と建前を使い分けている男性が自分の本音に沿って行動することがさらに容易になるという好循環を生み出しています。


本音と建前を使い分ける男性は自分の本音、つまり人生の目的をしっかり把握しており、それに向かって邁進している人でしたね。

自分の人生の目的があって、それを達成したいと思うならば、自分の判断の基準を自分の人生の目的が達成されるか否かに置き、「他人からこう思われるかも」という余計なプライドをすでに捨てているのが本音と建前を使い分ける男性でした。

それは、他人に自分の目的を押し付けることではなくて、自分がいかに自分に正直に生きるかということで、他人との共存は十分に可能なのです。

逆に自分の人生の目的を知らない人は他人の意見や無責任な批判に左右され怯えていますから、自分の軸もしっかりしませんし、他人の評価を気にした生活を送ってしまいます。

どちらが幸せかは自分で判断し、自分で選び取ることができます。

本音と建前を使い分ける男性の自分への正直さを素直に学び、自分の人生の目的を見出して行動し、夢を叶えて幸せになりましょう。

まとめ

本音と建前を使い分ける世渡り上手な男性の7つの特徴

1 本音を言って面倒が起きることを避けたい事なかれ主義
2 嫌われたくないという気持ちが強い
3 物腰が柔らかで親しみやすい雰囲気がある
4 ちょうどいい「適当」の物差しを持っている
5 意外にも媚びているわけではない
6 人間関係のトラブルをほぼ起こさない
7 他人を褒めることが上手である

2018年下半期のあなたの運勢をズバリお教えします!

奇跡のスピリチュアル診断』では、あなたの生年月日や血液型をもとに鑑定し、2018年下半期に起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へと導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

今年の残りの運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!

今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal