アラサー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴

アラサー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴

仕事もわかってきたし、そろそろ身を固めようか、と婚活を始めたがなかなか上手くいかないアラサー男性がいますよね?

彼らは、婚活市場ではとにかくモテるアラサー男性なのに、なぜ婚活に苦労するのでしょうか。

そのアラサー男性の苦戦は、自身の結婚に対する思いがはっきりしておらず、それ故に見栄を張ったり恥ずかしがったりしていることが原因でした。

そこで今回は、アラサー婚活が上手くいかない男性の残念な特徴を、その心理や改善方法と共にお伝えいたします。


アラサー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴


1 結婚適齢期だという自覚がない


男性は35歳までに2人に1人は結婚するが、35歳から40歳では100人に3人しか結婚できないというデータがあるのをご存知でしたか?

つまり、35歳までの男性は売り手市場なのですが、それでも婚活に苦労するのは、婚活をしながらもどこか結婚を自分事と考えられていないから、なのですね。

今が結婚適齢期です!アラサーなら20代女性からも30代女性からも40代女性からも希望条件に入っている年齢なので、つまり選べる立場にあるのです。

35歳になってからでは遅いので、自分が本当に結婚をしたいのか、なぜ結婚をしたいと思ったのかをもう一度自問してみましょう。


2 一人のほうが自由だと思っている


アラサーと言えば、仕事もある程度の自信をもってできるようになっている年代ですし、プライベートも充実していて、自由を謳歌している男性も多いです。

このようなアラサー男性は、結婚を窮屈なものとして捉えているので結婚相手への条件に、

・お金の使い方は独身時と同様にしたい
・時間の使い方は独身時と同様にしたい
・友人づきあいは独身時と同様にしたい

というような自身の希望を受け入れてくれる人、と書いてしまうのです。

しかし、この条件を提示された側は、「この人は結婚したいけど自分が変わる気はないのだな」と見抜き、本気で結婚を考えている女性から結婚相手候補としては外されていくのです。

なぜ結婚をしたいのか、その結婚生活に対してどのようなイメージを持っているのかを今一度再考してみましょう。


3 異性慣れしていないゆえに面倒だと思う


女性というものは男性からすると回りくどく面倒くさい生き物と映っている面もありますが、この女性ならではの面倒くささは女性と接することでだんだんと理解ができ、あしらい方も身に着けることができるようになるものです。

しかし、男子校に通い、職場も男性ばかりであったりすると、女性と接する機会、つまり女性慣れする機会がないまま結婚適齢期を迎えてしまったアラサー男性は、いざ本気で結婚しようとアピールしてきたり、一転品定めをしてきたり、真っすぐにぶつかってきたりする女性に接するとどうしていいかわからなくなってしまうのです。

このような男性は、とにかく女性と会って女性に慣れましょう。

慣れていないからというだけで面倒と思うのは残念ですし、そのような状態で結婚生活を送っても幸せとは言い難いですよね。


4 自分にはドンピシャの女性が現れると信じている


「私にはいつか白馬の王子様が現れる」と理想の男性を待っている女性はとかく馬鹿にされがちですが、同じようなことを考えているアラサー男性もいます。

アラサー男性はその年齢で婚活市場ではモテますので、「自分には、内助の功を発揮してくれる、年下の清楚だが夜は少し大胆で、聡明で美しい女性が現れる」と勘違いしてしまうのですね。

そしてその条件に当てはまらない女性をどんどんと振っていくのですが、そんなことをしている間に男性の賞味期限と言われる35歳が訪れ、あっさりとモテなくなってしまうのです。

結婚は見栄でするものではありませんので、どのような生活を送りたくてどのような相手を希望するのかを真摯に考えてみましょう。



5 今モテている状態がいつまでも続くと思っている


4と似ていますが、婚活市場ではアラサー男性はとにかくモテます。

それは、20代女性からも30代女性からも40代女性からも、アラサー男性はその年齢が希望条件に入っているからなのですね。

たくさんアプローチされますので、「自分はモテるのだ」と勘違いしていまい、不必要な選り好みを始め、自分にとって最適な女性というよりは、対外的に自慢できるような女性を探すようになってしまうのです。

しかし、男性にも婚活タイムリミットと言われる時期がありまして、それは35歳ですが、まず20代女性から結婚相手としては対象外になり、30代になったばかりの女性からも子供が生まれるときの年齢を考えると、と順位が下がってしまうのです。

女性はシビアで、特に出産育児、子供が成人したときの年齢まで考えて男性の年齢を希望しているので、それを外れてしまうと一気にモテなくなってしまうのです。

ですから、モテているうちに出会う女性と真摯に向き合い、結婚相手をゲットしてしまいましょう。


6 「忙しい」と連絡を怠る


アラサー男性は仕事も軌道に乗って充実しているからこそ、そろそろ身を固めようかと婚活を開始する方も多いのではないでしょうか。

仕事がとても楽しく、また会社からも機動力として期待されているところも大きいので、生活の中心に仕事を据えて、女性からの連絡を後回しにしてしまう人がいます。

確かに業務中は女性が連絡を取ってきても応えることはできませんが、「忙しい」を理由にフォローもしないようだと、女性は結婚生活もこのような感じなのかなと思い、結婚相手候補から外してしまいます。

女性は現在の男性の対応から、この人とはどのような結婚生活になるだろうかと予測していますので、落胆させる行動は慎みましょう。


7 デートに誘えない


男女平等どころか、女性のほうが強い印象すらある昨今ですが、それでも女性は男性にリードされたいと希望しています。

なかなか女性のほうから「会ってみませんか」というデートのお誘いはできないのですね。

となると、誘うのは男性の役目ですが、なかなか誘えないアラサー男性は婚活では苦戦します。

原因は

・誘い方がわからない
・実際どうデートで過ごせばいいかわからない
・断られるのが嫌だ
・その人に決めないといけない感じがして嫌だ

というものがありますが、やはり人は会ってみないとわかりませんので、初めはお昼にカフェで2時間程度お話しする、というところから始めると良いですね。


アラサー婚活が上手くいかない男性の残念な特徴をその心理と共にお伝えしましたが、いかがでしたか?

アラサー男性は婚活市場ではモテるので、なぜ自分が結婚したいと思ったのか、本当に相手に求める条件は何なのかを見失いがちであること、女性慣れしていないがゆえに接し方がわからないことなどがその原因でした。

結婚生活には見栄やプライドなど必要ありませんし、面倒なことを避けていては穏やかな結婚生活は送れません。

自分が結婚生活に何を求めるのかをしっかり考え、出会う女性と真摯に向き合い、穏やかで幸せな結婚生活を手に入れましょう。

まとめ

アラサー婚活が上手くいかない男性の残念な7つの特徴

1 結婚適齢期だという自覚がない
2 一人のほうが自由だと思っている
3 異性慣れしていないゆえに面倒だと思う
4 自分にはドンピシャの女性が現れると信じている
5 今モテている状態がいつまでも続くと思っている
6 「忙しい」と連絡を怠る
7 デートに誘えない

2018年のあなたの運勢をズバリお教えします!

あなたの運勢』では、波動の色で2018年のあなたの運勢を徹底鑑定し、
あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで2018年の運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!

今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 スマートライフJournal