女性の厄年はいつ?厄年を平穏に過ごすための5つのポイント

女性の厄年はいつ?厄年を平穏に過ごすための5つのポイント

悪いことや災難に遭う率が高くなる厄年、女性は数えで19歳、33歳、37歳、61歳が本厄の年です。

その中でも、33歳の年は大厄とされ、大きな厄に見舞われる年とされています。

厄年の方は、どんな厄に見舞われるか、、不安ですよね。

そこで今回は、厄年を平穏にすごすために押さえておきたいことをご紹介します!


女性の厄年はいつ?厄年を平穏に過ごすための5つのポイント


1 リラックスタイムを作る


女性の厄年において、最も天敵なのはストレスです。

特に大厄の33歳の年は、仕事や家庭でストレスを抱える女性が多く、ストレスが原因で体や精神面に不調が出てしまう傾向があります。

ストレスを溜めないために必要なのが『リラックスタイム』です。

体も心も休める時間(リラックスタイム)を作ることで、ストレスを溜めず、体や心を守ります。

家事に追われている方は、週に1日家事の定休日を作ってください。

休みの日でも仕事に追われているような方は、1日1時間でも良いので仕事から離れてのんびり過ごす時間を作りましょう!


2 新しい事を始める準備をする


厄年には、引っ越しや結婚、転職と言った新しい事を始めるのはNG。

しかし、厄が明けて新しい事を始めるための準備をするのはOKです。

転職をするために資格試験の勉強に励んだり、引っ越しのための貯金や物件探しをするのもアリです。

厄が明けるのが楽しみになるので、ストレスも溜まりにくく、一石二鳥です。

ぜひあなたに合った準備を始めてみてください!


3 健康を考えた食事をする


厄年に気をつけなくてはいけないのは、とにかくあなた自身の体調です。

厄年の暴飲暴食や栄養が偏った食事は、体を壊す原因になります。

栄養がバランス良く取れると、ダイエットや美肌にも繋がりますので、徐々に栄養バランスの良い食事を好むようになるはず。

最低限、

  • 食事は一日三食
  • 動物性タンパク質を食べる
  • サプリメントに頼りすぎない

この3つは気をつけるようにしましょう。


4 常に感謝の気持ちを持つ


厄年になると、悪い事ばかりに敏感になってしまい、感謝の気持ちを持つことを忘れてしまいがち。

感謝の気持ちを持つことは、自分自身の心を豊かにし、自分にも周りの人にも優しくなれる利点があります。

もちろん、あなたが周りに感謝をすれば、周りの人もあなたに感謝の気持ちを示すようになり、あなたを幸せな気持ちにしてくれます。

厄年という悪い年だからこそ、感謝の気持ちを持つことはとても大切です。

あなたの家族、職場の同僚、友人、ご先祖様に至るまで、あなたを取り囲む人達に感謝の気持ちを持ちましょう。


5 厄除けに行く


厄年になると、悪い事が起こるたびに「厄年のせいだ」と感じるようになってしまいます。

このような感情は不安を募らせ、結果的にストレスで精神面が悪い方向に向かって行ってしまいがち。

厄年の初詣に厄除けに行く人が大勢いますが、厄除けは年中できます。

神社で厄除けしてもらうだけでも、心が晴れてスッキリするはず。

厄年の概念に押しつぶされてしまう前に、ぜひ厄除けに行ってみてください!


結婚されている方限定にはなりますが、33歳の大厄の人に多い厄年の過ごし方としてオススメしたいのが「子供を作る」ことです。

厄年に結婚は避けた方が良いですが、出産は『子供が厄を落とす』と言われているので、厄年に子供を産むことは実は良いことなのです。

すでに結婚をして厄年を迎える方は、子作りをしてみるのも良いでしょう。

さらに結婚されていない方で、彼氏・パートナーがいる方は、将来的な結婚について話し合いを始める機会に厄年をしてみても良いですよ!

まとめ

女性の厄年はいつ?厄年を平穏に過ごすための5つのポイント

1 リラックスタイムを作る
2 新しい事を始める準備をする
3 健康を考えた食事をする
4 常に感謝の気持ちを持つ
5 厄除けに行く


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal