朝令暮改な人ほど成功する!柔軟な発想がもたらす7つのメリット

朝令暮改な人ほど成功する!柔軟な発想がもたらす7つのメリット

朝令暮改というと、朝言ったことを夕方には翻す、という意味で、一貫性がないなどあまりよい意味ではありません。

しかし、違うと思えば恥ずかしがらずに訂正する、変えることのできる柔軟性は実は様々なメリットがあります!

様々な意見を拒絶することなくいったん受け入れるので、視野が広がります。

また、自分の中に不必要な制限がないので、一般的な区別を超えた発想が浮かんだり、全く異なる業界の方に声をかけて知り合いになり人脈が広がったりします。

そこで今回は、朝令暮改な人ほど成功する、柔軟な発想がもたらすメリットを具体例を交えながらご紹介します。


朝令暮改な人ほど成功する!柔軟な発想がもたらす7つのメリット


1 柔軟に意見を聞けるから!視野が広くなる


朝令暮改な柔軟な人は、様々な人の意見を聞くことができます。

意見を聞く、というと言われたままを実行しなければならないと思うかもしれませんが、朝令暮改な柔軟な人は、そうではありません。

提供された意見を一旦受け入れ、自分なりに考えて咀嚼したのちに、エッセンスだけをうまく取り入れるのです。

今回は採用しなかった意見や考え方でも、それは朝令暮改な柔軟な人の中に蓄積していきます。

その結果、視野が広くなるのです。


2 一見頑固な感じだけど?粘り強く取り組める


粘り強く取り組む、というと頑固なイメージがありますね。

しかし朝令暮改な柔軟な人は、自分がこれだと決めたことには粘り強く取り組むことができます。

それは、取り組んでいる最中に困難があったとしても、持ち前の視野の広さから対処法をたくさん知っているので、対応することができるからです。

また、朝令暮改な柔軟な人は、他人の意見を聞くことができますが、自分の目的をはっきり持っています。

ですから、他人の意見を聞いても自分の目的からずれていくことがないのです。

自分の目的をしっかり持っていますから、その目的を達成するまでは粘り強く取り組むことができるのです。


3 余計な制限がないから!選択肢が増える


朝令暮改な柔軟な人は、制限があまりありません。

例えば、未経験でもトライしてみようと思いますし、業界が全く違っても取り入れてみようと思います。

実際やってみると意外に自分の目的にも合致していることがわかったり、そこでは失敗したとしてもそれを次につなげて考えることができます。

「してはいけない」「できない」という制限がないので、どんなことにもチャレンジしようとし、どうしたら達成できるかを考えるので、選択肢を自分でどんどん増やしていくことができます。


4 選択肢が増えると!?心に余裕が生まれる


朝令暮改な柔軟な人は、視野が広く選択肢を多く持っているので、自分の仕事や目的達成に対してコントロールできているという感覚を持てるようになります。

コントロールできている感覚を持つと、心に余裕が生まれます。

例え困難があっても、これを自分は越えていきたいと思い、実際越えるための行動を躊躇なく取れるのです。

心に余裕があるので、すぐに諦めることなく、パニックになることもなく、自分の目的をまっすぐ見てそこに到達する道筋をぶれることなく考えることができます。


5 様々な人を受け入れられる!人間関係が円滑になる


朝令暮改な柔軟な人は、他人の意見を一旦受け止めることができます。

他人を拒絶するということをしません。

朝令暮改な柔軟な人は、他人を拒絶しなくても合わない他人とは接点を持たなくてもいいと知っているからです。

ですから、人間関係で面倒を起こすことはないけれど、自分にとって心地よい人と良い関係を築こうとします。

その上、他人の意見を最後まで聞くので、人間関係を円滑に保っているのです。


6 色々な対処法を知っているから!臨機応変に対応できる


朝令暮改な柔軟な人は、自分の目的をしっかり持ちながらも、他人の意見を受け入れ、視野が広く、選択肢を多く持ち、人間関係が良いという特徴があります。

もしトラブルが起こっても、自分の目的を見失うことなく、柔軟に対応することができます。

自分に制限をかけていないからです。

具体的には

・自分で対応してもいいし、他人に助けてもらってもいい
・これまでの方法をとってもいいし、未経験の方法でもいい
・今すぐ対応してもいいし、様子を見てもいい
・自分の目的をそのまま持っていてもいいし、変えてもいい

というように、とても自由に物事を考えています。

ですから、臨機応変に対応することができるのです。


7 目的がはっきりしているから!建設的な対応ができる


朝令暮改な柔軟な人は、臨機応変な対応ができますが、自分の目的ははっきりしています。

自分の目的を達成することを優先順位の一位に置いています。

もたらされる他人の意見も、自分の意見も、人脈や環境すべてを、自分の目的を達成するには?という観点から検討します。

ですから、朝令暮改な柔軟な人が採用する方針は、目的をストレートに達成しようとする建設的なものになります。

人間関係のいざこざや、派閥、不十分な環境などを言い訳にしません。

必要ならばそこも改善しようとします。

ですから、朝令暮改な柔軟な人は、建設的対応ができるのです。


柔軟な発想は、視野が広くなったり、心に余裕が生まれたり、建設的対応ができたりと、仕事だけでなくプライベートでもとてもメリットがありますね。

考え方が固まってしまっているかも、と思ったら、別の角度や立場から考えてみたらどうだろう?と一度立ち止まってみてください。

それが、朝令暮改な柔軟な人に近づく方法です。

朝令暮改な柔軟な人になって、仕事でもプライベートでも成功しちゃいましょう!

まとめ

朝令暮改な人ほど成功する!柔軟な発想がもたらす7つのメリット

1 柔軟に意見を聞けるから!視野が広くなる
2 一見頑固な感じだけど?粘り強く取り組める
3 余計な制限がないから!選択肢が増える
4 選択肢が増えると!?心に余裕が生まれる
5 様々な人を受け入れられる!人間関係が円滑になる
6 色々な対処法を知っているから!臨機応変に対応できる
7 目的がはっきりしているから!建設的な対応ができる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal