男には理解しがたいダブル不倫に走る女性の5つの心理

男には理解しがたいダブル不倫に走る女性の5つの心理

フィクションの登場人物や有名人、、、何かと世間の興味を惹きつける不倫の話題、自分には関係ないと思っていませんか?

実は、真面目な会社員、家族に尽くす専業主婦といったいわゆる普通の人たちも、ちょっとしたきっかけで不倫に走ってしまう可能性があります。

不倫をするのは男性というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、女性の不倫、しかも既婚男性との不倫も決して珍しいことではないのです。

既婚女性は、一体どんな心理から既婚男性との恋愛・ダブル不倫をしてしまうのでしょうか。

そこで今回は、奥様の不倫を回避したい男性必見の、ダブル不倫に走る女性の心理をご紹介します。


男には理解しがたいダブル不倫に走る女性の5つの心理


1 家庭に不満!「満たされたい」という気持ちがダブル不倫に繋がる!


結婚・出産後も外で働く女性が増えていますが、社会には、家事や育児など家庭内の仕事は女性の仕事という意識が根強くあります。

そのような状況の中で、仕事と家庭の両立の難しさや社会の不公平感に、不満やストレスを感じている女性は多いのです。

その不満は最も身近な存在である家族、特に夫に向かいます。

夫も忙しく働いていることは十分理解していても、夫にもっとサポートして欲しい、自分を労わって欲しいと思い、愚痴をこぼしたり、協力を求めたりするのです。

ところが、家事や育児をするのは当然というような非協力的な態度を取られたり、自分のことを理解してもらえなかったり、、、そんな夫の態度に追い詰められている女性は少なくありません。

このような夫婦間のすれ違いによって、夫に対する不満はどんどん蓄積していくのです。

不満やストレスが溜まっている時に、優しい言葉で、自分の普段の頑張りを認めて労わってくれる男性が現れたら、、、既婚者であっても惹かれてしまう女性は少なくありません。

仕事や家庭の不満、夫へのイライラなどを、自分を否定せずに、黙って聞いてくれる男性がいたら、相手に心を開いてどんなことでも話してしまいたくなるのは自然なことで、やがて男女の関係に進展していくのです。

男性にとって不倫とは性的な欲求を満たすための関係ですが、女性にとっての不倫は、心を満たすための関係と言っても過言ではありません。

奥様の愚痴を聞いてあげるのも夫の努めだと自分に言い聞かせ、日頃から奥様が不満を溜めないように配慮してあげてくださいね。


2 毎日に不満!「刺激がほしい」という気持ちが不倫に繋がる!


毎日、同じような仕事や家事をこなす単調な日々、当たり前の生活が退屈と感じる時、女性は不倫に走りやすい傾向があります。

不倫に非日常やスリルを求める女性には、家事や育児に協力的な夫や理解のある家族がいて、周囲から見れば幸せな家庭を築いているというケースもあります。

物足りない毎日にちょっと刺激が欲しいという軽い気持ちから始まった不倫でも、不倫相手にのめり込んでしまい、家族とではなく不倫相手と過ごす時間が生活の中心になってしまうこともあるのです。

家族関係が上手くいっているからと言って、油断は禁物です。

現在の幸せは、奥様の日頃の努力の賜物であることをしっかり認識して、奥様への感謝はできるだけ具体的な言葉で伝えるようにしてくださいね。

サプライズでちょっとしたプレゼントをしたり、たまには二人で出かけたりして非日常を演出するのも効果的です。

奥様が息抜きできる時間を積極的につくり、夫婦のコミュニケーションの時間を増やして、本当の円満家庭を目指しましょう。


3 「周りより幸せでいたい」という気持ちが不倫に繋がる!


女性の多くは自分と周りを比較して、誰が一番幸せか、誰の旦那さんがイケメンか、収入が多いか、家族仲が良いか、、、等々、自分の能力に直接関係のないことも含め、様々な事で自分と周囲をランク付けしています。

周囲と比較して自分の家族が劣っていると感じた時は、自分自身が劣っていると感じて非常に気持ちが暗くなるのです。

そのため、旦那さんや家族では得られないものを不倫相手から得る事によって、不安な気持ちを払拭し、自分は誰よりも幸せだ!と優越感に浸る事ができるのです。

周囲の人と自分を単純に条件だけで比較するのは、自分自身への不満や自信喪失が背景にあることもあります。

奥様のネガティブな発言や愚痴が増えたと感じたら、もしかしたら自信を失っているのかもしれません。

そんな時は、ちょっとしたことでも褒めてあげることが大切です。

褒められると、人に認められた、人の役に立っていると感じられ、次第に自信を取り戻していくことができますから、自分が相対的に幸せであることを確認するために、不倫や周囲との比較をする必要はなくなります。

出世や収入アップは一朝一夕には叶いませんが、他のことで奥様が幸せを感じられる環境を作ってあげてくださいね。

奥様の自己肯定感と日常生活の満足感を高めて、不倫のリスクを低下させましょう。


4 旦那に不満!「女性として見てほしい」という気持ちが不倫に繋がる!


日本では、結婚生活が長い夫婦や子供がいる家庭では、妻は夫に「女」ではなく、「家族」や「お母さん」としか見てもらえなくなり、女性として扱ってもらえなくなります。

メイクをしても気付いてくれなかったり、髪型変えても何も言ってもらえないと、年齢をを問わず、多くの女性は寂しさを感じてしまいます。

そんな時、他の男性から女性として扱ってもらったら、女性はときめきを覚えるのです。

その男性は女性が褒めてあげると喜ぶと分かっていて言っているのですが、いつまでも女性として見て欲しい、扱って欲しいという気持ちが強い程、男性側の本心には気づきにくいのです。

そして、この人にもっと女性の部分を見てもらいたい!とメイクに時間をかけて、露出の多いファッションをするなど、女性として魅力を見出そうとするのです。

女性は見てくれる人がいると、その人の為に美しくなろうとするのです。

奥様の不倫を回避するためにも、夫がその「見てくれる人」にならなければなりません!

家事や育児のことを褒めるのも良いですが、たまには奥様の外見の魅力にも注目して、褒めてあげてくださいね。

また、女性に人気のコスメやアクセサリーなど、ファッションや美容に関するプレゼントをするのも効果的です。

可愛い、綺麗と外見を褒められて嬉しくない女性はいませんから、奥様にも恥ずかしがらずにこの言葉をかけてみましょう。


5 「恋愛がしたい!」という気持ちが不倫に繋がる!


男性でも身に覚えのある方は少なくないかもしれませんが、結婚前に味わった恋愛中のドキドキ感やキュンとした感情を、もう一度感じたいと思っている女性は多いものです。

つまり、少しでも気になる男性が現れ、その男性も女性に好意を持っていることが分かったら、不倫が始まってしまう可能性は大です。

既婚の男女にとっては久しぶりの恋愛なので、実際の年齢に関係なく、学生時代に戻ったようなワクワクやドキドキ感を感じて、舞い上がってしまうこともあります。

初々しい学生のような恋愛関係も、次第に泥沼の大人の恋愛関係になってしまうかもしれません。

奥様を恋人として見るのは、今更照れくさい、難しいという男性も多いですが、旦那様が奥様の恋人になってあげることが大切なのです。

夫婦という関係に甘えず、奥様の恋愛したい気持ちを叶えてあげられる夫になりましょう。


不倫をする女性の心理には、家庭や夫、そして自分や自分の置かれた状況への不満などがあります。

一方で、女性として扱われたい、恋愛でときめきを感じたいなど、女性の可愛らしい願望も、不倫のきっかけとなりえるのです。

そして、不満を受け止めてくれる、願望を満たしてくれる既婚男性との出会いで、ダブル不倫が始まってしまうことは、決して珍しいケースではありません。

ダブル不倫は、既婚同士なので罪悪感が薄くなる、家庭を壊さない程度に、お互い無理をしない関係でいられるといったメリットがあります。

奥様の不倫を予防するためには、夫側の努力と協力が不可欠です。

今回紹介した、既婚女性がダブル不倫に走る心理を理解して、奥様が不満やストレスを適度に発散できる環境づくりと、夫婦間のコミュニケーションの改善に早速着手しましょう。

まとめ

男には理解しがたいダブル不倫に走る女性の5つの心理

1 家庭に不満!「満たされたい」という気持ちがダブル不倫に繋がる!
2 毎日に不満!「刺激がほしい」という気持ちが不倫に繋がる!
3 「周りより幸せでいたい」という気持ちが不倫に繋がる!
4 旦那に不満!「女性として見てほしい」という気持ちが不倫に繋がる!
5 「恋愛がしたい!」という気持ちが不倫に繋がる!


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal