ヒプノセラピーは効果なし?上手くいかなかった5つの原因

ヒプノセラピーは効果なし?上手くいかなかった5つの原因

ヒプノセラピーとは、心理療法の1つで、催眠療法の事です。

一般的には、勉強し、資格を取得したヒプノセラピストが行います。

催眠状態にさせ、潜在意識に働き掛ける事で、悩みや問題の原因を見つけ、解決に導く事を目的としています。

セラピスト、受ける側によっても個人差がありますから、とても効果のある人とそうでない人が居ます。

では、効果がなかった人はなぜ上手くいかなかったのでしょうか。

そこで今回は、ヒプノセラピーは効果なし?上手くいかなかった原因をご紹介します!


ヒプノセラピーは効果なし?上手くいかなかった5つの原因


1 論理的、合理的な思考の人


ヒプノセラピーには、柔軟な思考が必要です。

枠に囚われずに考えられる方が、催眠状態に陥りやすいのです。

ですから、倫理的、合理的な考え方をする人は効果が得られにくいのです。

また、ヒプノセラピーを受けるに当たり、自分で色々調べ、施術の流れを把握している場合も効果が出にくくなります。

どんな物なのかある程度知っておく程度なら大丈夫ですが、細かく流れを知り過ぎたり、分析したりしてしまうと、その枠に囚われてしまいます。

どんな事をされるのか分からない、くらいの心持ちで受けると良いですよ。


2 人や物への依存心が強い人


ヒプノセラピーは、強い依存性を持ちます。

人によりますが、施術自体に依存したり、潜在意識を引き出してくれるセラピストに依存したりする場合があります。

ですから、元々依存心が強いタイプの人は、のめり込み過ぎる可能性もあるのです。

また、誰かに依存してしまう人は、自分自身と向き合う事が苦手です。

ヒプノセラピーは自分自身と向き合う為のものですから、依存心の強い人には、過酷な行程となります。

今の自分から変わりたいという気持ちが強いなら、効果は期待出来ます。


3 イメージを受け取る事が出来なかった人


ヒプノセラピーでは、様々なイメージを受け取る事が重要になります。

場合によっては、本人だけが匂いや感覚をも感じる事もあるのです。

セラピストから誘導され、その通りにイメージを浮かべようとし過ぎたり、何か思い浮かべなくてはと焦ってしまうと、なかなか上手く行きません。

最初のうちは、セラピストの言葉から、「イメージしてみよう」と少し努力してみても良いです。

そうすると、次第にイメージが湧き上がるはずです。

セラピストの言葉通りでなくて良いのです。

ここで気を付けたいのは、浮かんだイメージに対して、ここは何処だろう?時代はいつだろう?等、分析しない事です。

浮かんだイメージを見るのではなく、そのイメージの中に入って行き、五感をフル活用して感じるのです。

また、身体がリラックス出来ている事も大切なので、部屋の温度や姿勢等、不快な事があれば、セラピストに伝え、自分が快適な状態にしてもらって下さいね。


4 セラピストとの信頼関係の不足


ヒプノセラピーを行うには、セラピストとの信頼関係が大切です。

セラピストを信じ、素直に受け身になれると、効果を得やすいです。

様々なタイプのセラピストが居ますし、セラピストも一人の人間ですから、どうしても合う合わないがあります。

例えば、とても有名なセラピストにお願いしたとします。

評判が良く、経験もあるセラピスト。

それでも、どんなに有名で、ヒプノセラピーの技術は優れていたとしても、自分と相性が合うとは限らない訳です。

まずは、相手に身を任せてみましょう。

緊張から上手く行かないだけなのか、相手に対して不信感があるのかは、自分で感じられるはずです。

安心して身を任せられるセラピストを見つける事が、効果あるヒプノセラピーの第一歩でしょう。


5 セラピストの未熟


ヒプノセラピストになるには、資格を取得しなければなりません。

無資格で行っている所には行かないようにして下さいね。

また、一言にセラピストと言っても、新人からベテランまで様々です。

勿論ベテランなら優れているという訳ではありません。

ここでいう未熟とは、経験値も入りますが、それよりもセラピストの人柄です。

例えば、上手くイメージが受け取れないとクライアントに言われた時に、「あなたは上手にイメージを受け取れない人だからヒプノセラピーには向いていません」と、クライアントの責任かのようにいうセラピストもいます。

こんなセラピストは、セラピストとして未熟です。

イメージが大切なヒプノセラピーですが、そのイメージに関しての知識が乏しいセラピストは、残念ながら多く存在します。

故に、イメージ力が弱い為に、ヒプノセラピーには向かないと、クライアントの責任にしてしまうのですね。

そう言われると、クライアントは、自分が悪いのだと劣等感さえ与えられてしまいます。

悩みを解決したくて受けに行ったのに、本末転倒という事にも成りかねません。


さて、『ヒプノセラピーは効果なし?上手くいかなかった5つの原因』はいかがでしたか?

ヒプノセラピーを受けるに当たり、まずは、良いセラピストに出会える事が第一です。

評判だけでは分からないので、実際に足を運び、自分と合うセラピストを探してみて下さいね。

どうしても、ヒプノセラピー自体に合う合わないの性質はあります。

ですが、だからと言って諦めてしまうのではなく、それを把握した上で柔軟な気持ちで臨めば、効果を期待出来るでしょう。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

ヒプノセラピーは効果なし?上手くいかなかった5つの原因

1 倫理的、合理的な思考の人
2 人や物への依存心が強い人
3 イメージを受け取る事が出来なかった人
4 セラピストとの信頼関係の不足
5 セラピストの未熟


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal