苦手な人との人間関係を円滑にする5つの方法

苦手な人との人間関係を円滑にする5つの方法

どうしても馬が合わない人や苦手な人は誰にだっていますよね。

苦手な人には全く関わらずに生きていけたらいいですが、仕事の関係や近所付き合いなどでそうもいかないことも多いのではないでしょうか。

どうしても苦手な人と関わらなければいけないなら、できるだけネガティブな気持ちにならずに、円滑な人間関係を保っておきたいですよね。

そこで今回は、ちょっとしたコツに気をつけるだけで、苦手な人との人間関係を円滑にできる、とっておきの方法をご紹介します。


苦手な人との人間関係を円滑にする5つの方法


1 嫌なことを気分転換で忘れる


苦手な人の言ったことや、やったことを何度も思い出してネガティブな気持ちになってはいませんか?

実は、苦手な人のことを思い出すたびに、脳は実際に苦手な人に会ったときと同じような状態になってしまい、「苦手だ」「嫌いだ」という感情がどんどん増幅されてしまうのです。

苦手な人に感情を振り回されて、ネガティブな気持ちを引きずりたくないですよね。

そこで、苦手な人のことを思い出さないようにする気分転換の方法をご紹介します。

苦手な人のことは忘れよう!気分転換の方法

・とりあえずその場を離れる
・音楽を聴く
・趣味に打ち込む
・あたたかい飲み物や甘い物を摂る
・軽い運動をする

どうしても苦手な人のことを思い出すときには、心の中で「嫌なことがあったけれど、もう終わったことだ」と繰り返し唱えると段々と苦手な人のことを思い出さないようになってきます。

上手に気分転換をして、ネガティブな気持ちを引きずらないようにしましょう!


2 相手が変わると期待するのをやめる


苦手な人と接していると嫌な気持ちになることが多いですよね。

実は、人と接していて嫌な気持ちになるのは、その人に対して「期待」を持っているからなのです。

人と接するときの「期待」

・ギブアンドテイク
「自分がしてあげたことには何かお返しがあるはずだ」というような期待のことです。

・優しさ
言葉遣いや親切など、自分を基準とした優しさを相手に求めてしまうことがあります。

・誠実さ
約束を守ることや定期的な連絡を相手に求めてしまうという期待のことです。

このような「期待」を無意識に苦手な人に対して持ってはいないでしょうか?自分を基準とした「期待」を満たしてくれる人もいますが、そうでない人も中にはいます。

相手に対して期待するのをやめることで、不必要にイライラしたり、嫌な気持ちになったりしなくても済むようになります。

苦手な人に対して嫌な気持ちになるときは、何か「期待」をしていないか、考えてみてくださいね。


3 苦手な人から自分のあり方を学ぶ方法


同族嫌悪という言葉がありますよね。

実は、苦手な人というのは自分自身の欠点を写し出している鏡のようなものだ、という考え方があるのです。

そう考えると、苦手な人というのは、自分の足りないところを教えてくれる存在だと思うことができますよね。

そこで、苦手な人から学ぶ方法についてご紹介します!

苦手な人から自分のあり方を学ぶ方法

・苦手な理由を考えてみる
どうしてその人のことが苦手なのか考えてみると、自分と似ている部分があることも多いものです。

・過去の自分を振り返ってみる
もう克服した自分の欠点を相手が持っているからこそ、苦手だということもあります。

苦手な人が「どうしても自分と似ているようには思えない」というときにも、苦手な人の言葉や行動を反面教師にすることはできますよね。

苦手な人について考えてみることで、自分の成長の糧にしてみてはいかがでしょうか。


4 苦手な人の長所を探してみる


一度「苦手だ」と思うと、「顔も苦手」「服も苦手」「もう全てが苦手だ!」というように、その人の欠点ばかりが目につくことはありませんか?

欠点ばかり気になってしまうと、円滑な人間関係を築くのは難しくなりますよね。

苦手な人は全てが苦手なように思われがちですが、人間は様々な面を持っているので探してみれば意外と長所もあるものなのです。

そこで、苦手な人の長所を探すコツについてご紹介します!

苦手な人の長所を探すコツ

・第三者的視点で苦手な人を見てみる
・短所は長所として見てみる
・苦手な人の評判に耳を傾ける

苦手な人の長所を見つけることで、不必要な「苦手」を増やさずに苦手な人と接することができるようになります。

明日から、一つでも苦手な人の長所を見つけることを心がけてみてはいかがでしょうか。


5 当たり障りのない最低限の接触だけにする


どうしても苦手な人、できればあまり関わりたくないですよね。

苦手な人とは必要以上に関わらないようにすることで、人間関係を悪化させずに済むようになります。

そこで、苦手な人との接触を最低限に抑えるコツについてご紹介します!

苦手な人との接触を最低限に抑えるコツ

・連絡はメールで、かつ必要なときだけにする
・気が乗らないお誘いは家族の事情で断る
・感情を捨てて事務的なやりとりに徹する

苦手な人に対しては必要なときだけ、事務的な連絡を心がけることで不要なイライラや人間関係のこじれを防ぐことができます。

どうしても苦手な人には、円滑な人間関係を保てる程度の接触をするようにしましょう。


さて、『苦手な人との人間関係を円滑にする5つの方法』はいかがでしたか?

苦手な人に対しても、自分で少し気をつけるだけで円滑な人間関係を保てることがわかりますよね。

今回ご紹介した5つの方法を実践するだけで、苦手な人に不必要にネガティブな気持ちにさせられることなく生きられるようになります。

ぜひ明日から日常生活に取り入れて、ポジティブな毎日を送りましょう!

まとめ

苦手な人との人間関係を円滑にする5つの方法

1 嫌なことを気分転換で忘れる
2 相手が変わると期待するのをやめる
3 苦手な人から自分のあり方を学ぶ方法
4 苦手な人の長所を探してみる
5 当たり障りのない最低限の接触だけにする


今、あなたにオススメ

Trackbacks

  1. […] 苦手な人との人間関係を円滑にする5つの方法 […]

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal