疑心暗鬼がひどすぎる人の7つの特徴と上手な接し方

疑心暗鬼がひどすぎる人の7つの特徴と上手な接し方

疑心暗鬼とは、「疑いがあると何でもないことでも怖いと思ったり、自分を貶めていると思ったり、あらぬ悪い妄想に囚われる」という意味のことわざです。

疑心暗鬼がひどい人は、他人とたまたま目が合っただけでも「私の格好がおかしいと思っているに違いない」と思い、他人からたまたま無視されても「私のことを嫌っているからない違いない」と、どのようなことが起こってもマイナスに結び付けてしまうのです。

しかし、こんな妄想は疲れますから克服したいですよね。

そこで疑心暗鬼がひどすぎる人の特徴と克服方法を、具体的な方法を交えながらお伝えします。
[続きを読む]

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal