夜食で太らない厳選食材5選と食べ方のコツ

夜食で太らない厳選食材5選と食べ方のコツ

夜にお腹が空くと満たされるまで食べたくなりますが、夜食を食べると「確実に太る……」と思ってしまいますよね。

確かに夜食は食べ続けていると太ってしまいますが、太りにくい食べ物と食べ方のコツがあるとご存知でしょうか?

夜食を食べて太らないためには、取り入れる食べ物と太りにくくなる食べ方を知る必要があるので、夜中に無性に食べたくなったら参考にしてみましょう。

そこで今回は、夜食にしても太らない食べ物と、体重を増やさないために知っておきたい食べ方のコツをお伝えします!


夜食で太らない厳選食材5選と食べ方のコツ


1 夜に食べても太らないご飯


夜にお腹が空いたときでも白米を食べたくなりますが、そのまま食べてしまうと太る原因になるので、消化しやすくて低カロリーのご飯にすることが大切になります。

夜食にしても太らない2つのご飯

お茶漬け

お茶漬けは、普通に白米を食べるよりも消化がしやすく、寝るときに胃もたれをしない食べ物になります。

更に、体を温める効果があり、血行が促進されて太りにくい体にできるので、夜食として非常におすすめです。

おかゆ

夜食にはおかゆも効果的で、消化が良くカロリーが低いのが特徴になるため、どうしても白米を食べたくなったら作ってみましょう。

お茶漬けとおかゆは水分が多く、白米の量を少なくしても満腹感を得られるので、太らないためにもぜひ夜食として取り入れるべきですが、食べ過ぎや味付けによっては逆効果になる落とし穴もあるので注意しましょう。!

関連記事
おかゆダイエットで痩せられない人のNG実践方法


2 夜食に向いている汁物


白米を食べるほどではないときは、汁物にすると太らないで済むので、簡単に作れて栄養が豊富な食べ物を入れてみましょう。

夜食に向いている2つの汁物

コンソメスープ

コンソメがあるときは、残っている野菜を使ってコンソメスープにするのがおすすめで、栄養が得られる上に体が温まります。

胃もたれも起こしにくいので、夜に軽く食べたくなったらコンソメスープを作ってみてください。

味噌汁

夜食に適しているもう一つの汁物が味噌汁で、コンソメスープと同じように野菜を多めに入れると満腹感を得やすくなります。

野菜以外にも豆腐や海藻類なども自由に入れられるので、太らないためにも消化の良い食材を中心に入れてみましょう。

コンソメスープと味噌汁は、栄養が豊富な野菜を入れられる上に太りにくいので、好きな食材を入れて空腹を解消してくださいね!


3 夜食におすすめの甘い食べ物


夜食を食べるときは、甘い食べ物も口に入れたくなりますが、太らないためには食材と食べる量を考える必要があるので、食べる前によく確認しておきましょう。

夜食にしても太りにくい2つの甘い食べ物

ゼリー

甘い食べ物で夜食におすすめになるのがゼリーで、味も種類も豊富になりますが、買うときはなるべくゼロカロリーの物を選ぶ必要があります。

ただし、ゼロカロリーでも食べ過ぎると太る場合があるので、ゼリーを食べるときはあらかじめ食べる量を決めておきましょう。

りんご

果物には果糖が含まれているので、太らないためには避けたい食材になりますが、りんごは栄養が豊富な上に、しっかり噛んで食べる必要があるので、少しの量でも満足感を得ることができます。

甘い食べ物の場合、たくさん食べてしまうと太る原因になりますが、量を決めてよく噛むと少量でも満腹になるので、太らないためにも意識して食べましょう!


4 コンビニで売られている夜食に最適な食べ物


夜食を食べるときはコンビニに買いに行くこともありますが、カロリーに気を付けないと太ってしまいます。

また、コンビニには色々と美味しそうな商品が売られているので、夜食を買うときは事前に食べ物を決めておきましょう。

コンビニで買える2つの低カロリーの食べ物

おでん

おでんに使われている具材は、こんにゃくや大根など低カロリーの食べ物ばかりのため、夜食として食べるには最適です。

また、夏に食べると体がとても熱くなってしまいますが、寒い冬場に食べれば丁度良い感じに温まるので熟睡できるようになります。

春雨ヌードル

夜食はついお手軽なカップラーメンを選んでしまいますが、カロリーが高い上に胃に負担をかけてしまうので、同じくお湯を注ぐ食べ物ならカロリーが低い春雨ヌードルをおすすめします。

コンビニで夜食を買うときは、太らないためにも低カロリーの食べ物を選ぶことが重要になるので、他の商品に惑わされず目的の食べ物を買ってくださいね!


5 夜食で太らないための食べ方のコツ


夜食を食べて太らないためには、食べ方にも注意する必要があるので、なるべく意識して食べるようにしましょう。

夜食を食べるときの3つのコツ

ゆっくり噛む

夜食は食べ過ぎると太る原因になるので、ゆっくり味わうように食べると満腹中枢が刺激されて少量でもお腹が満たされます。

食べる量が少なくなると、摂取カロリーを大幅に減少させることができるので、どんな食べ物でも意識してゆっくり噛みましょう。

200キロカロリー未満

夜食を食べるときは200キロカロリー未満が理想的で、カロリー量が大きくなるほど太ってしまいます。

そのため、夜食を食べるときは太らない食べ物を複数用意しないで、なるべく1日1品に留めておきましょう。

寝る3時間前に食べる

寝ているときは胃や腸が休んでいる状態のため、夜食を食べてすぐ眠ってしまうと消化不良を起こしてしまいます。

消化ができないと脂肪に変わってしまうので、夜食はなるべく就寝の3時間前に終わらせておくことが重要になります。

夜食を食べるときは上記の3つを意識すると太りにくくなるので、できるだけ守るようにしてくださいね!


夜食にしても太らない食べ物と、体重を増やさないための食べ方のコツをお伝えしましたが、いかがでしたか?

夜食はたくさん食べると太る原因になるので、太らないためにも食べ物に十分気を遣う必要があり、特に満たされやすいのはお茶漬けやおかゆのように白米を使った料理になります。

そして、白米を食べるほどではないときは、野菜を多めに使ったコンソメスープや味噌汁がおすすめになるので、食べたい物を作りましょう。

また、甘い物を食べたい気分のときはゼリーやりんごがおすすめですが、食べ過ぎると太ってしまうので、食べる量を決めたりよく噛んだりする必要があります。

夜食は、少しでも満腹感を得たときに終わらせると太らないので、どうしても食べたくなったときは低カロリーの食べ物を1つ用意してゆっくり食べてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

夜食で太らない厳選食材5選と食べ方のコツ

1 白米を食べたくなったときはお茶漬けとおかゆがおすすめ
2 汁物はコンソメスープと味噌汁が太りにくい
3 ゼリーとリンゴは量を決めてよく噛むと少量でも満腹感を得られる
4 コンビニで夜食を買うときはおでんと春雨ヌードルがおすすめ
5 夜食は200キロカロリー未満の食べ物を、就寝3時間前によく噛んで食べることが大事


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal