引っ越し前にチェックしたい運気が下がる風水的NG間取り5つ

引っ越し前にチェックしたい運気が下がる風水的NG間取り5つ

家を探すときに、ちょっと気にしたいのが風水における間取りです。

住宅事情からして、なかなか贅沢は言っていられないのが現状ですが、風水を意識するとしないとでは、あなたの運気に大きく差が出ます。

そこで今回は、引っ越し前に絶対にチェックしておきたい、運気が下がる風水的にNGな間取り、そして「悪いと言われる間取りの部屋に既に住んでいる」という方のための解決策も併せてご紹介します。


引っ越し前にチェックしたい運気が下がる風水的NG間取り


1 鬼門や裏鬼門に水回りや玄関がある


風水の間取りで良くないのが、家の中心から見た北東方位「鬼門」と南西方位「裏鬼門」の2つです。

この2つは、陰陽の切り替わり地点と言われており、2つを結ぶ線上は、邪気や悪い運気がたまりやすいのです。

ここにトイレなどの水回りや、玄関があると、悪い気を家の中に入れやすくなってしまいます。

しかし「風水で見た間取りがこの通りだ」と、必要以上に不安になることはありません。

風水では、幸運は、明るい場所にやってくるとされています。

自然光が入らない、日当たりの悪い場所には、間接照明を付けるなどの工夫を施しましょう。

また、風通しを良くすることで気の循環を起こし、邪気を外へ祓い、良い運気を取り込むことができますよ。

特に、気が淀みやすい浴室や、トイレなどは清潔と風通し、明るさを心がけるようにしましょう。


2 突き当たりに建っている


風水では、悪い間取りの代表格として「T字路や直線道路の突き当り」をあげています。

こういった物件には、目の前の道を直進してくる邪気が、そのまま家に入ってきてしまうので、避けた方が無難です。

しかし、どうしてもというのなら、普段から、掃除を欠かさないようにしましょう。

とにかく、風水の間取りの悪さを補うためには、掃除は有効かつ基本中の基本。

部屋を清潔に保つことで、気の巡りを良くし、良い運気を呼び込むように働きかけるのです。

特に、床を水拭きするときは、塩水に濡らした雑巾で行うようにすると、お清め効果も期待できますよ(床の素材には気をつけてくださいね)。


3 土地に欠けがあったり、三角形だったりする


風水の間取りにおいて、理想的なのは、長方形や正方形のような「欠け」のないものです。

つまり、敷地や居住スペースの一角が凹んだ形になっていたり、三角形になっていたりしている場所は、邪気が集まりやすいため、気にかけておくべきでしょう。

風水の間取りの悪さを、別の何かで補おうと思うなら、生花(ドライフラワーや造花は「死」の気を放つため避けてください)や観葉植物を「欠け」の部分に飾るとよいですよ。

生きている花や、観葉植物には、乱れた気を整え、生気を補うという効果があります。

部屋の状態や、あなたの気が乱れていると、枯れるのも早いのが実感できるはず。

そんな時は、早々に新しいものと交換するようにしてください。


4 高圧線の近くに建っている


高圧線の近くは、強い電磁波の影響があるため、気が乱れやすく、精神的にも肉体的にも、悪影響を及ぼす可能性があります。

ゆえに、風水の間取りでも、避けるべきポイントとしてあげられています。

風水的な間取りを考えれば、できれば、引っ越す前に考え直したいポイントではありますが、もう住んでしまったという場合は、水晶を置くとよいでしょう。

水晶は「パワーストーンの万能薬」とも言われるほど、浄化能力が強い天然石です。

ネガティブな気を祓い、部屋の運気のバランスを良くしてくれます。

また、実際に住んでいて、なんとなく嫌な気持ちを感じるような場合は、結界を張りましょう。

  • 盛り塩
  • 観葉植物
  • 備長炭
  • 水晶

この4つをセットにして、部屋の四隅に置くことで、部屋に結界が張られるため、部屋に巣くう悪い運気を、シャットダウンしてくれます。


5 半地下物件&ロフト


限られたスペースを有効活用できるロフトや、半地下物件は、とてもおしゃれで魅力的ではありますが、実は風水の間取りとしては、悪い部類に入ります。

「半地下物件」は意外と日当たりが悪く、風も抜けにくいため、湿気がたまりやすくなってしまいます。

体が冷えやすくなり、気の循環も滞るため、特に女性にはおススメできない物件なのです。

また「ロフト」部分を、寝るスペースとして活用する人が多いのですが、実はロフトの本来の用途は「荷物置き場」です。

天井が低いロフト部分は、気が循環しにくく、悪い気がたまりやすいのですが、そこで寝るということは、寝ている間に、あなた自身が悪い運気を自らチャージしているということに他なりません。

「風水的に良くない間取りでもかまわない」という場合は、お香を焚いてみるのも1つの手です。

良い香りは滞った気を循環させ、ネガティブなエネルギーを浄化してくれる働きを持っています。

あなたが心地よいと感じるアロマでも良いですし、浄化作用の強いセージを焚くのもおススメです。

火や電気を使う場合は、扱いには十分注意してくださいね。


さて、『引っ越し前にチェックしたい運気が下がる風水的NG間取り5つ』はいかがでしたか?

これから引っ越しを考えている人は、ぜひとも、風水から見た間取りを意識した部屋選びをしてみてくださいね。

とはいえ、様々な事情から、すべての希望をかなえるというわけにもいかないでしょう。

そんな時は、風水的な間取りの悪さを、別の手段で補うことをおススメします。

うまく手段を組み合わせて、生活の中で良運を引き寄せましょう。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

引っ越し前にチェックしたい運気が下がる風水的NG間取り5つ

1 鬼門や裏鬼門に水回りや玄関がある
2 突き当たりに建っている
3 土地に欠けがあったり、三角形だったりする
4 高圧線の近くに建っている
5 半地下物件&ロフト


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal