引き寄せの法則を使って仕事運を上げる5つの方法

引き寄せの法則を使って仕事運を上げる5つの方法

引き寄せの法則とは、願い事をすでに叶えた気持ちを湧き起こすことで、実際にかなった状態を引き寄せるというものですが、これは恋愛運、金運、対人運など、日常生活に関わる様々な事柄に応用できます。

もちろん仕事にも有効、引き寄せの法則をうまく使うことで、仕事運をアップさせることだって、できるのです!

といっても、引き寄せの法則は、万能薬ではありません。

これをやったから、あっという間に、努力もせずに仕事運が上がると思ったら大間違い!その部分だけは注意しておきましょうね。

そこで今回は、引き寄せの法則を使って、正しく仕事運をあげるために、覚えておきたいポイントについて、ご紹介します。


引き寄せの法則を使って仕事運を上げる5つの方法


1 あれもこれもと望みすぎないようにする


引き寄せの法則で願うのは、最大10個くらいまで、あれもこれもと欲張って望むのは、控えるようにしましょう。

多くを望みすぎれば、どうしても、1つ1つにかける気持ちも分散されてしまいますから、結局どれも叶わなかったということになりかねません。

また、願い事は、具体的かつ段階的に、願うようにしましょう。

例えば、プロジェクトをうまくいかせたい場合

  • 「次々とアイディアがひらめきます」
  • 「現実的かつ、最高のアイディアを出しています」
  • 「良い協力者に恵まれています」
  • 「上司から、良いアドバイスをもらっています」

などから始まって、最終的に「このプロジェクトは最高の成果をあげます」というように、1つ1つ、段階を踏んで叶っていくように、願い事を積み上げていくのが、引き寄せの法則を成功させるポイントです。


2 チャンスやタイミングを逃さない目を養う


引き寄せの法則に、謙遜や、あいまいな表現は通用しません。

「今の自分じゃ準備不足かも……」と思っていると、永遠に準備不足のまま、終わってしまいますよ。

もちろん「最良のタイミング」というものはありますよね、それは、あなた自身の感覚が、一番よくわかっているのではないでしょうか。

引き寄せの法則を成功させ、仕事運を上げるには、タイミングやチャンスを逃さず、つかみ取ることです。

そのためにも「私はチャンスをものにしています」と強く念じるようにしてみましょう。

訪れたタイミングに逃げ腰になってはいけません。

「今ならできる!」と思った時に取り組み、実際に成功することで「やればできるんだ」という自信につながり、さらに良い方向へ、引き寄せの法則を発動させることが、可能になりますよ。


3 うまく物事が進んだら、素直に喜ぶ


引き寄せの法則でうまくいった時、あからさまにはしゃぎすぎれば、他人からのやっかみをかうこともあるかもしれませんが、「喜ぶ」ことは大切です。

「うまくいった!」「思いが叶った!」と素直に喜ぶことで、潜在意識によい刺激として蓄積され、その「快の感情」を得るために、さらに引き寄せの法則が、発動されるようになります。

なにより、そこに向かって頑張ってきたのに「たまたまだろう」とか、逆に「この程度は当然」と冷めた目で見るようでは、努力してきた自分自身がかわいそうというものです。

「嬉しい」という感情は、次のステップへの貴重なパワーとなり得ます。

素直に自分自身を認めて喜びましょう。


4 失敗から1つでも何かを学び取るつもりでいる


引き寄せの法則を実践しているからといって、毎回うまくいくとは限りません。

時には落ち込むくらいの失敗をすることもあるでしょう。

しかしそれは、あなた自身の成長や、成功につながるための回り道、つまり必要なプロセスなのです。

肝心なのは、うまくいかなかったときや、失敗したときに自分を省みること。

「誰か」や「何か」のせいにしていては、いつまでたっても、その失敗から抜け出すことはできません。

引き寄せの法則は、あなたに必要なものを引き寄せます。

その失敗もプロセスとして必要だから起こるべくして起きたのです。

落ち込むだけではなく、何が悪かったのか、どうすべきだったのか、次はどうすればよいのかへと思考をシフトする癖をつけましょう。


5 人事を尽くして天命を待つ


引き寄せの法則を行おうという人の中には、「もうこれしかない」と悲壮な覚悟で、挑む人もいるかもしれません。

しかしそこまで背水の陣をしいてしまうと、いざうまくいかなかったときのダメージは、計り知れないものになってしまいます。

また、必要な失敗すら「やはりだめなんだ」と思い込む原因になりかねません。

ここは1つ、引き寄せの法則を「ダメ元」で使うくらいの、心の余裕を取り戻しましょう。

もちろん、信じ切らなければ願いは叶いませんが、肩に力を入れるのではなく、「人事を尽くして天命を待つ」くらいの気持ちで取り組んだ方が、結果的にうまくいきますよ。


さて、『引き寄せの法則を使って仕事運を上げる5つの方法』はいかがでしたか?

引き寄せの法則は、他力本願では決して叶いません。

焦らず、あきらめずに、1つ1つ段階を踏んでいけば、必ず、ふと振り返ったときに、思った以上の成果が出ていて驚くことでしょう。

叶った願い事は達成済みとして消し、次の目標を新しくたてるようにしてくださいね。

大事なのは自分の力で地道でも努力すること、それにより、仕事運も後からついてくるように、上向いてくるのが実感できるはずですよ。

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

引き寄せの法則を使って仕事運を上げる5つの方法

1 あれもこれもと望みすぎないようにする
2 チャンスやタイミングを逃さない目を養う
3 うまく物事が進んだら、素直に喜ぶ
4 失敗から1つでも何かを学び取るつもりでいる
5 人事を尽くして天命を待つ


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal