30代からのダイエット法【3日でがっつり痩せたい人のための実践方法】

30代からのダイエット法【3日でがっつり痩せたい人のための実践方法】

20代までは何を食べても太らなかった、またちょっと太ってもご飯を抜けばすぐに体重を戻せたのに、30代に入ってからどうも痩せにくくなった気がする…と感じたことはないでしょうか。

男性も女性も、20代から30代に入ると、簡単に痩せられなくなっているだけでなく、脂肪がつきやすくなります。

そのため、30代の体の変化に合わせた適切なダイエットを行うことが必要となってきます。

そこで今回は、3日で確実に痩せる方法について、30代の体の変化から見るアドバイスと共に詳しくご紹介します。


30代からのダイエット法【3日でがっつり痩せたい人のための実践方法】


30代は体の曲がり角!?そのリアルな悩みとは?


主婦のA子さんは33歳。結婚後妊娠して専業主婦になりましたが、子供が小学校に行くことになったのを機に、短時間のパートをしています。

仕事にも慣れてきた33歳の誕生日を過ぎてから、体調の落差が激しい日が多くなりました。

元気な日は体が軽いのに、辛いときはベッドから起き上がるのも辛いほど。

友達が婦人科系の病気になったという話を聞いたりして、コントロールできない体に不安を感じています。

一方サラリーマンのB夫さんは33歳の独身。付き合っている彼女との結婚は考えていますが、友達とのレジャーや飲み会が楽しく、また仕事でもようやく大きな企画を任されるようになり、やりがいを感じています。

しかし33歳の誕生日を過ぎてから、飲み過ぎると朝が辛くなってきました。

体調が悪いわけではないので、お酒を控えるかな、と考えていたところ、着替えているときに鏡を見て愕然。

お腹が出てるけど、これってもしかしてビール腹…?

なんとかしたいと思いつつ、仕事が忙しくなにもできていません。

30代は男女ともに体に大きな変化が現れる年代です。

特に女性は妊娠の適齢期が33歳となっており、この年を過ぎると体調が乱れやすくなる傾向にあります。


30代からのダイエットは痩せにくい?どんな方法なら確実に痩せる?


30代というと、女性も男性も生活が大きく変わることの多い年代です。

30代から変わる周辺環境と体の変化

・仕事が忙しくなる
・結婚や子育てで生活のリズムが変わる
・女性の場合は妊娠や出産による体型の変化
・男女ともに基礎代謝が落ちる
・疲れやすい、体力が落ちるといった変化

特に30代の夫婦の場合、子供が小さいために食生活なども子供中心になってしまい、不規則な食事の時間や睡眠不足に陥りがちです。

さらに働いている方は、仕事にも慣れてきて、責任のある仕事も任されることが増えてきます。

そのため、精神的にも身体的にも体の管理がきちんとできなくなってくる年代でもあります。

しかし30代後半、そして40代になるとさらに痩せにくくなるだけでなく、体力も落ちてきます。

ダイエットをするなら、30代の今なのです。


30代からのダイエットで効果があるのは?始める前にしておきたい心構えと準備


30代でダイエットを考えるなら、おすすめしたいのは「プチ断食ダイエット」です。

プチ断食ダイエットによる効果

・短期間のダイエットなので忙しくてもできる
・固形物を食べないため、胃や腸など内臓の負担をやわらげる
・便秘の解消
・新陳代謝が向上、改善される

よくダイエットがうまくいかない理由に、「加齢によって基礎代謝が落ちているから」という話を聞いたことはないでしょうか。

この基礎代謝とは、呼吸や体温調節、また内臓の活動維持など、生命を維持するために消費される体に必要なエネルギーのことをいいます。

基礎代謝は男女ともに10代でピークとなり、ゆるやかに下降していきます。

20代までは10代でピークとなった基礎代謝量が維持されているのですが、20代後半からは下降していきます。

さらに女性は男性よりも筋肉量が少ないため、もともと代謝量が多くありません。

しかし基礎代謝の消費量がもっとも多いのは肝臓で、内蔵機能を高めることが基礎代謝をアップさせることにつながります。

プチ断食ダイエットは、30代の不規則で乱れがちな食生活を改善し、疲れた体を回復させるために効果的です。

しかしプチとはいっても断食をしますので、その前後には体調を整えておく必要があります。

病み上がりや、病気の治療中など、体調が万全でないときにはやめておきましょう。



30代からのダイエット、プチ断食ダイエットを3日やって確実に痩せる方法


プチ断食ダイエットは、実際の断食と違って、特に事前に準備する必要がありません。

また体力のある30代であれば、確実に効果が出るダイエット方法です。

プチ断食ダイエットの方法

1日目 準備の日

脂っこいものや肉などのおかずは避け、朝食はいつも通り、昼食はいつも食べる量の3分の1、夕食はいつも半分に減らし、お腹を慣らします。

2日目 断食当日

この日は固形物は食べず、水分のみを補給します。水だけだと辛い場合は、野菜ジュースやショウガ入り紅茶などを飲んでもかまいません。日中軽い運動をし、夜は早めに就寝するようにします。

3日目 回復、復調させる日

この日から普段の食事に戻しますが、前日の絶食で胃が空になっている状態なので、おかゆなどを食べ、徐々に復調させていきます。

回復させるために心がけたいこと

・消化によいものを食べる
・時間をかけ、よくかんで食べるようにする
・1日で元の食事に戻すのではなく、1週間ほど時間をかけて食事の量を増やす
・お酒やジュースなど甘い飲み物は控える

実質1日だけ断食するダイエットなので、週末などまとまった時間があるときにチャレンジしてみましょう。


30代からのダイエット、ダイエットのあと気をつけたいこと


プチ断食ダイエットをしたあと、お腹を下すことがあります。

これは「好転反応」といい、体調がよくなる途中で起きる一時的な症状で、下痢以外にも、眠気やめまい、頭痛などが起きることがあります。

体重が減り、代謝がよくなっている証拠ですが、このような症状が出ることも考え、断食後の仕事や家事などは無理をしないよう事前にスケジュールを整えておくことも必要です。

また普通の食事に戻すときに、以前と同じような食生活だと、またリバウンドする可能性があります。

断食の準備の日、また回復時に心がけた食事を、普段の食事にも取り入れていきましょう。

ただし家族で栄養が必要な子供にも、同じ食事をさせるわけにはいきませんので、自分一人が食事をするときだけ切り替えるなど、無理をしないよう改善していくことが必要です。

特に男性の場合は、女性よりも基礎代謝が高いため、極端に肉や魚を食べないことは、体力的にも問題があります。

適量とバランスを考えた、献立を立てるようにします。

そのほか、喫煙や飲酒の習慣がある人は、断食ダイエットをする際にはこの間だけでもやめるようにしましょう。

喫煙や飲酒は内臓に負担をかけますので、ダイエットを今後も本気で続けるためにはやめることも考える必要があります。

さらに仕事の疲労やストレスから、睡眠不足になることも肥満の原因の一つです。

規則正しい生活を心がけ、ストレス解消を行うようにしましょう。


仕事や家事に忙しく、なかなか自分の食事や生活まで気が回らない30代ですが、痩せたいという気持ちがあれば、まだ十分に体質改善は可能な年代です。

このときにしっかりと体質を改善することで、加齢によって増加する生活習慣病のリスクを減らすことにもつながります。

ぜひ今回のプチ断食ダイエットでダイエットにチャレンジし、痩せやすい体に変わりましょう。

ダイエットに関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

30代からのダイエット法【3日でがっつり痩せたい人のための実践方法】

・30代は体の曲がり角!?そのリアルな悩みとは?
・30代からのダイエットは痩せにくい?どんな方法なら確実に痩せる?
・ダイエットで効果があるのは?始める前にしておきたい心構えと準備
・ダイエット、プチ断食ダイエットを3日やって確実に痩せる方法
・ダイエット、ダイエットのあと気をつけたいこと


あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの星座や生年月日などの情報から導き出される『恋を叶える魔法の占星術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

自分の運命が気になるなら、是非お試しを!

今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal