自分が嫌いから脱却するための5つのセルフイメージアップ術

自分が嫌いから脱却するための5つのセルフイメージアップ術

あなたは自分が好きですか?胸を張って、自分が好きだと言える人ばかりではないですよね。

自分とはこういう人物であるという思い込み自体を、セルフイメージと言います。

人は、このセルフイメージという固定概念によって、自分像を描いています。

自分が嫌いな人は、このセルフイメージが低いのです。

では、自分を好きになりたい!自己嫌悪や他人を羨む気持ちばかりになってしまう…そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

そこで今回は、「こんな自分になれたら良いのに」という理想と現実のギャップにお悩みの方のために、セルフイメージを上げる具体的な方法をご紹介します。


自分が嫌いから脱却するための5つのセルフイメージアップ術


1 自分を知り、過去の自分と決別する


自分はこういう人間なんだというセルフイメージは、過去の自分の経験や思考、親のしつけ等が大きく関係しています。

幼い頃からの経験から作られて行くのがセルフイメージなのです。

つまり、今のマイナスなセルフイメージを変える為には、過去の自分との決別が大切なのです。

鏡の前で、今までの自分のセルフイメージを改めて考えてみて下さい。

どんな所が嫌いなのか、どこを直したいのか、そして次になりたい自分をイメージしてみましょう。

外見、中身、どんな事でも良いです。

こんな自分になるのだと、自分の顔を見ながらイメージしてみて下さい。

それと同時に、好きになれなかった過去の自分からは生まれ変わるのだと、強く念じましょう。

「変わりたい」ではなく、「変わる」と強い意思を持って下さいね。


2 目標の人物像を設定する


なりたい自分がイメージ出来たら、次は、目標の人物を設定します。

芸能人やモデル等の実在する人物、こんな素敵な人になれたら良いという架空の人物、憧れのマンガの登場人物等、どんな人物でも良いのです。

あなたが憧れる人物を目標にしてみて下さいね。

そして、何故その人のようになりたいのか、その人のどんな所に憧れるのか考え、紙に書き出してみましょう。

そうする事で、その人物像に近づく為にはどうしたら良いのかが、見えて来ます。


3 目標の人物像になりきる



目標の人物像、その魅力がはっきりしたら、次はその人物像になりきります。

外見への憧れが強いならば、ファッションやメイク、立ち居振る舞いを取り入れる事も良いですね。

外見にコンプレックスがあると、どうしても自分を卑下してしまいます。

人の美しさは外見ではありません。

ですが、身も心も美しい人というのは、とてもストイックで、自分磨きに手を抜きません。

そんな憧れの人のおしゃれや美容法、内面の磨き方を勉強し取り入れる事で、自分の自信になるのです。

ただ、モノマネをしていれば良いという意味ではありません。

どんな場面でも、その人物なら何て言うだろうか、こんな時どう考えるのだろうか、何を選ぶのだろうか…と、憧れの人物の思考になりきるのです。

そうすると、今までの凝り固まった自分流の思考から脱却出来ます。


4 邪魔をする人の意見に左右されない


自分が嫌いな人は、どうしても他人の意見に左右されがちです。

自分で決めた事に反対されると、自分はやはり間違っているのだと不安になってしまうのですね。

そして、せっかく決めた事も、諦めてしまったり、妥協してしまうのです。

それでは、いつまで経っても自分を好きになどなれないですよね。

世の中には、他人の夢や志を、故意に邪魔をする人もいます。

バカにしたり、甘い言葉で蹴落とそうとしたり…

そんな人の意見で、自分のやりたい事を諦めたり、自分の気持ちを捻じ曲げるなんて悔しいですよね。

人は一人では生きてはいけません。

生きていく上で、人の意見に耳を傾ける事は大切です。

ですが、その意見に左右され過ぎてしまうのは良くありません。

あなたを邪魔する悪魔の囁きには、一切耳を傾けない事です。

小さな事からで良いのです。

邪魔する意見を無視し、自分のやりたい事が出来るようになると、それが自信となり、自分を好きになる事に繋がって行きますよ。


5 掃除、断捨離をする


掃除や断捨離というのは、心の浄化になります。

その人の部屋の状態は、心の状態を表すとも言われるほどです

部屋が散らかっていたり、埃だらけの状態は、空気も淀み、決して気持ちの良いものではないですよね。

心も同じ事で、乱雑な心は、晴れ晴れとせず、ネガティブになりがちです。

そんな心の状態では、自分を好きになどなれるはずがありません。

まずは、いらない物を思い切って捨ててしまいましょう。

なかなか捨てられなくて、物が溜まってしまうタイプの人は特にです。

断捨離する事で、物理的にも過去の自分と決別するのです。

模様替えをしたり、インテリアのテイストを変えてみるのも、新しい自分を発見出来るきっかけになりますよ。


さて、『自分嫌いから脱却するための5つのセルフイメージアップ術』はいかがでしたか?

まずは、凝り固まってしまったセルフイメージをほぐす事が大切なのです。

自分が決め付けている、あなたのセルフイメージ。

変わりたい、と願うだけではいつまで経っても変わる事は出来ません。

必ず変えるという強い意思を持って臨む事が大切です。

ご紹介した内容を参考にして、なりたい自分に変身して下さいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

自分が嫌いから脱却するための5つのセルフイメージアップ術

1 自分を知り、過去の自分と決別する
2 目標の人物像を設定する
3 目標の人物像になりきる
4 邪魔をする人の意見に左右されない
5 掃除、断捨離をする


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal