引き寄せ力アップのための波動共鳴を強くする7つの方法

引き寄せ力アップのための波動共鳴を強くする7つの方法

引き寄せの法則で「波動共鳴」という言葉があります。

これは、同じ波動のものが共鳴するという意味です。

例えば、ぼんやりとケーキが食べたいな…と思っていたら、お土産でケーキをもらった、といったように、ケーキという波動を出していたら、本物のケーキも同じ波動ですから引き寄せられる現象のことです。

この波動共鳴をうまく使うと、自分の望むものをどんどん引き寄せることができるようになります。

そこで今回は、引き寄せ力アップのための波動共鳴を強くする方法、そして具体例を交えながらご紹介します!


引き寄せ力アップのための波動共鳴を強くする7つの方法


1 自分の「好き」を知る!:嫌いなものから考える


波動共鳴を強くするには、自分が出している波動を理解することが重要です。

自分が興味のないものに対しては、どんなに表面的には欲していても、同じ波動を出すことはできません。

基本的には自分の好きなものが波動共鳴を起こして引き寄せられてきますが、好き嫌いを抑えてきた方は自分の好きなものがわからなくなっていることがあります。

そんなときには、自分の嫌いなものを書き出してみるとよいです。

好きなことは思いつかなくても、嫌いなことは思い出せることが多いのです。

嫌いなことを書き出してみたら、ではこの嫌いなことがどうなればいいのか?ということを考えてみてください。

そこから、自分の好きなことが見いだされてきます。


2 自分の「好き」を知る!:過去を振り返ってみる


自分の好きなことを思い出すために、自分の人生を振り返ってみることも有効です。

年表を作って、大まかな出来事を書きこんだら、そのとき夢中になってしていたこと、遊び、趣味、印象的だった出来事を書き入れてみましょう。

大人の自分は忘れてしまっていた意外なことを思い出すことがあります。

例えば、

・小さいころは体を動かして遊ぶのが好きだった
・小さいころは、女の子らしいフリルやキラキラしたアクセサリーが好きだった
・小さいころは、本を読むのが好きだった
・小さいころは、絵を描くのが好きだった
・小さいころは、物を作るのが好きだった

など。

子どもは好きなことに素直に取り組むので、子どものころに好きだったことは、本当に好きなことである可能性が高いのです。


3 自分の「好き」を知る!:好きなものを書き出す


そして、自分の好きなことを書き出してみましょう。

好きなことを思いつける人はここから始めても構いません。

自分が好きなことに対して出している波動は、損得勘定や下心がないのでストレートに同じ波動である好きなことを引き寄せてきます。

この場合、波動共鳴を強めるためには、純真無垢に好きなことに取り組む子供のようになりましょう。

それをしているだけで今幸せだと、その心境に近づくことが大事です。


4 自分が大事にしている価値観を知る!


自分の大事な価値観を正しく知ると、波動共鳴を起こして、同じような価値観の人や組織、情報を引き寄せることができます。

自分が大事にしている価値観は、世にあふれる価値観を自分はどう感じるか、で判定することができます。

この場合正しいか正しくないか、ではなくて、好きか嫌いか、で判定してください。

ある価値観に接したとき、瞬間的に「嫌だ」と思ったら、それは自分には合っていない価値観です。

どんなに正しく必要に見えても、自分には必要ない価値観なので、好きな価値観に含めないでください。

これを繰り返していくと、自分が大事に思う価値観がだんだんと明らかになってきます。

自分にしっくりくる言葉だとなお波動共鳴が強くなるので、言葉としても探してみましょう。


5 自分の願いを正しく知る!


波動共鳴を強くして願いを叶えたいと思うなら、自分の願いを正しく知ることが大事です。

しかし、表面的な願いだと波動共鳴が起こらないので叶うことがありません。

例えば、「○○さんと結婚したい!」という願いは、叶わない願いの代表です。

そうではなくて、○○さんと結婚したら、どうなると思っているから結婚したいのか、というところを考えてみましょう。

○○さんと結婚できでも、○○さんが実はDV男だったら嫌ですよね。

結婚して自分はどうなりたいのか、と考えると、「幸せな家庭生活を送りたい」「素敵なパートナーシップを結びたい」という願いが思い当たります。

ここが、本当の願いなのです。

この願いを叶えるために、○○さんと結婚したいという方法を思いつき、自分の願いとしているのです。

自分の本当の願いを正しくしると、波動共鳴が強くなりますよ。


6 願いが叶う方策は考えない!


願いを設定すると、それを叶えるにはという方策を考えてしまいますが、引き寄せではここを考えることは不要です。

その方策まで引き寄せるからです。

逆に、方策を決めてしまうと、叶う間口がそこからだけに限定されてしまうので、叶う確率が低くなってしまいます。

波動共鳴は願いそのものに起こりますから、その願いが叶ったときの嬉しさや楽しさを先に感じてさらなる波動共鳴を起こしましょう。


7 自分の直観力を信じて行動する!


願いが宇宙に届けられたら、宇宙が直感やひらめきを通して起こすべき行動を教えてくれます。

一見願いと関係なさそうな行動もあるのですが、自分の直感を信じて行動しましょう。

突然コーヒーを飲みに行きたくなったり、関係のないイベントが気になったりします。

できる範囲でぜひ行動してみてください。

そこから宇宙の段取り力を楽しみながら体験することができますよ!


波動共鳴は自分の中にある「好き」から起こすと強くすることができます。

その方法として、自分の嫌いなことや過去から好きなことを思い出す方法、自分の大事にしている価値観を知る方法、自分の願いを正しく知る方法をご紹介しました。

また、願いを設定したら、願いが叶うことに集中し、方策は考えないこと、自分の直感やひらめきにしたがって行動することもお伝えしました。

波動共鳴を強くして、引き寄せ力をアップして、幸せになりましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

引き寄せ力アップのための波動共鳴を強くする7つの方法

1 自分の「好き」を知る!:嫌いなものから考える
2 自分の「好き」を知る!:過去を振り返ってみる
3 自分の「好き」を知る!:好きなものを書き出す
4 自分が大事にしている価値観を知る!
5 自分の願いを正しく知る!
6 願いが叶う方策は考えない!
7 自分の直観力を信じて行動する!


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 スマートライフJournal