金持ちになるには?潜在意識刷り込みで貧乏思考を改める6つのポイント

金持ちになるには潜在意識刷り込みで貧乏思考を改める6つのポイント

「一生金運がないのかもしれない、、」「楽して金持ちになるには?」と、お金にツイていない人生に落胆している人もいれば、金持ちになるには何か秘策があるのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか?

普段あなたが思考するために使っているのは顕在意識ですが、目の前に表れている現実のほとんどは潜在意識の影響によるものです。

ですから、あなたがどんなに金持ちになるにはどうしたら良いか懸命に考えたところで、それは全体の意識の1割にしか過ぎず、潜在意識を使わなければ全く意味がないのです。

そこで今回は、潜在意識を上手く活用することで、貧乏思考を改めお金をどんどん引き寄せる方法をご紹介します!


金持ちになるには?潜在意識刷り込みで貧乏思考を改める6つのポイント


1 潜在意識が優位な状態を知る


潜在意識とは思考しない無意識の中で脳が休まっているように感じる時です。

しかし、実際には潜在意識が活発に働いていて、金持ちになるにはその状態の中で有益な情報を刷り込むことがポイントとなります。

それでは、潜在意識に刷り込みやすい3つのパターン見ていきましょう!

睡眠をとっているとき

眠っている時は潜在意識が活発に働く時です。寝る前に見た映画やドラマが夢に出てくることはありませんか?

夜に悪い影響を与えるようなものは控えた方がいいですし、金持ちになるには、セレブリティな世界を題材にしたものを選ぶといいかもしれませんね!

また、目覚めてすぐは頭が冴えていますので、その際に刷り込むのも効果的です。

お風呂に入ってゆっくりしているとき

湯船につかっている時は、何かを考えるというよりも「あぁ、気持ちいいな~!」という感覚を味わっているはずです。

体も頭も休まっている時間を利用して潜在意識に働きかけることはとても有効です。

毎日できることですので、シャワーですまさずゆっくりバスタイムを楽しみましょう。

座禅を組んだり瞑想をしているとき

座禅や瞑想に慣れていないと、最初は考え事が止まらず苦痛を感じるかもしれません。

難しい時は瞑想用の音楽などを用いてみましょう。

段々と心が静寂に包まれ無意識の状態をキープすることができるようになります。

金持ちになるには、天からキラキラと金のシャワーが降ってくるイメージを作るとお金のイメージと結びつきやすいでしょう。

何となくどのような状態か分かりましたか?

体も心も十分にリラックスし、何も考えずに頭がぼーっとしているような状態が潜在意識が優位になっている状態です。

その時に心地よいと感じることが重要で、それによってポジティブな刷り込みをしていくことができます。

まずはその状態を作ることを試してみてくださいね!


2 具体的なお金の使い道と必要な金額を設定する


さて、あなたはどうして金持ちになりたいのでしょうか?

何かやりたい夢がある、手にしたいものがある、もしくは貧乏で生活が苦しい、不運な人生から抜け出したいなど、理由は様々あるでしょう。

ただ、漠然とお金が欲しい!金持ちになりたい!と思っている人も多いかもしれません。

そういう人は、本当に心からお金が欲しいと思えていないのかもしれません。

しかし、それでは潜在意識を正しく使うことができません。

本当の金持ちになるには、ゴール地点を決めることがポイントです。

お金の使い道が見えてきたら、それにどのぐらいの金額が必要なのかを考えます。

お金を手にした自分を想像して具体的な夢を描くことが始めましょう。


3 願いを書き出し視覚や聴覚に訴える


それでは、金持ちになるための願望を潜在意識に刷り込む方法を紹介します。

ノートに書き出す

やりたいことが見つかったら、具体的に叶えたい内容に金額を添えて10項目ほど書き出しましょう。それ以上多くなると意識が集中できず叶いにくくなりますが、いくつかあった方が感情が高まりますので効果的です。

書く時の注意点ですが、現在形または過去形で書いてください。

未来に起こることではなく、もうその現実を手に入れていると脳に思い込ませることがポイントです。

紙に書いて目につく場所に貼っておけば、普段の生活の中で無理なく刷り込みできますし、寝る前や起きてすぐノートに目を通してもいいでしょう。

声に出して唱える

書き出した内容を今度は読み上げてみましょう。

その願いが叶った状態を想像し、喜びや満足感、幸せな気持ちを味わうように感情を呼び起こしましょう。

それができたら、何十回、何百回とその内容を繰り返して唱えます。

自分の発する声は耳からも情報として入り込み脳に響き渡ります。

最後に「私は金持ちになりました、ありがとうございます!!」という一文を付け加えてみてください。

感謝の気持ちには感情が入りやすいですので潜在意識に届きやすくなります。

イメージ画像や写真を見る

金持ちになるには、やはり札束が山積みにされているようなイメージ画像を用意するといいでしょう。

見るだけでも視覚的効果が得られますし、その札束を手にしている自分の笑顔も合わせて想像してみましょう!

お金の使い道として、例えば旅行に行きたい場所があるとしたら、その風景写真を用意したり、現地でやりたいことをスクラップしてみるのもいいでしょう。

金持ちになるにはと真剣に考えているあなたですが、実際にお金を手にしてやりたいことを一つ一つ見てみると、案外すぐにでも叶えられるものがあるかもしれませんね!

金持ちになるには、すぐに実現できそうなことを叶え、その満足感を体験することも近道になります。

潜在意識に刷り込むための3つの実践方法、ぜひ試してみてくださいね!


4 お金の住みかを整えて大切に扱う


今度はお金の気持ちになって、財布の状態を確認してみましょう!

シミや汚れが付いていたり、ほつれや壊れている部分はありませんか?

財布はお金の住みかです。金持ちになるには、まず財布の状態をキレイに整えて大切にすることです。

小銭の量が多くてパンパンになっていたり、お札の間にレシートが挟まっていたり、お金が窮屈にならないようにしましょう。

お札は人物の頭の方が下になるように揃えてしまいます。上を向いているとお札が出ていきやすい状態だと風水的にも言われています。

何よりも、金持ちはお金が大好きですから、普段からお金を大事にすることが当たり前なのです。

お金を大事に管理できるようになったら、財布の中に出来るだけお札を入れておくこともおススメします。

イメージ画像を見るよりも、実際に財布の中にある方がお金を持っている感覚が味わえます。

財布と今あるお金を大切にするという基本、ぜひ試してみてくださいね!


5 お金に対するネガティブなイメージを払拭し、貧乏思考を改める


お金に対してネガティブなイメージを持っていると潜在意識を活用することができません。

いくらお金が欲しいと願っていても、「お金がなくて苦しい!お金が足りない!」という感情が入ってしまうと、苦しい、足りないという反対の願いが叶ってしまい、今よりもっと貧しくなっていきます。

それが絶対に金持ちになれない貧乏思考の特徴です。

お金を稼ぐことを汚いことだと思っていませんか?

これまでお金に苦労してきたのであれば、金持ち思考を持つことが難しいかもしれません。お金がない現実と、お金があるように振る舞う自分とのギャップに戸惑うかもしれません。

しかし、それは思考のクセに原因がありますし、訓練することで道が開けます!

お金に対してポジティブな感情さえ持つことが出来れば、あとは実践方法を繰り返していくだけです。

金持ちになるには、不安にならずに自分がお金を持つのにふさわしいと思い込むことです。

自分自身と結果を信じ、あきらめずに試してみて下さいね!


6 お金を楽しんで使い、喜びと幸せのサイクルを作る


お金はセーブするだけでは貯まりませんよね?むしろ、節約の程度によっては、貧乏思考を生み出します。

金持ちになるには、お金を喜んで使うことがポイントです。

美味しい食事をしたり、素敵な場所を訪れたり、大好きな人にプレゼントしたり、あなたが幸せを感じることは何ですか?

好きなことをして、楽しい時間を過ごせたら、お金に感謝しましょう。

人に対して費やしたからと言って、お金がなくなることはありません。

喜んでもらうことであなたが満足できれば、お金も仲間を増やして帰ってくるはずです。

お金は天下のまわりものと言われる通り、金持ちになるには、あなたがその幸せのサイクルに入るように飛躍しましょう!


さて、『金持ちになるには?潜在意識刷り込みで貧乏思考を改める6つのポイント』はいかがでしたか?

金持ちになるには、貧乏思考でお金に振り回されるのではなく、お金といい関係を築くようにしてどんどん自分と周りの人たちを幸せにしていってくださいね!

潜在意識を使う方法をマスターできるように、ぜひ日常生活に取り入れるようにしましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

金持ちになるには?潜在意識刷り込みで貧乏思考を改める6つのポイント

1 潜在意識が優位な状態を知る
2 具体的なお金の使い道と必要な金額を設定する
3 願いを書き出し視覚や聴覚に訴える
4 お金の住みかを整えて大切に扱う
5 お金に対するネガティブなイメージを払拭し、貧乏思考を改める
6 お金を楽しんで使い、喜びと幸せのサイクルを作る


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2019 スマートライフJournal